「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

TPD単年登録でツアーを転戦!女子プロゴルファー三ヶ島かな

2017 8/25 10:07hiiragi
女子ゴルフ 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年高校を卒業プロテストを受験

三ヶ島かな(みかしま かな)選手は1996年生まれ、福岡県出身の女子プロゴルファーだ。クラブを握ったのは10歳のころからで、早くから全国レベルのジュニア大会で活躍、2007年には全国小学生ゴルフ大会 女子の部で24位タイ、2008年には15位タイと経験を積み、2009年には九州ジュニアゴルフ選手権女子12~14歳の部で優勝を飾っている。

高校生になると2013年、2014年と九州高等学校ゴルフ選手権春季大会で連続優勝を飾り、2014年九州ジュニアゴルフ選手権地区大会で優勝、日本ジュニアゴルフ選手権競技女子15歳~17歳の部では6位タイに入っている。2015年高校を卒業するとプロになるべく、プロテストを受験した。

日本女子プロゴルフ協会のプロテストは例年3月~4月にかけて1次テストが行われ、5月に2次テスト、7月に最終テストと続く。そして最終テストを戦った成績上位20位タイまでが合格となる。
プロテストに合格すれば、所定の手続きを行って日本女子プロゴルフ協会会員として登録、晴れて女子プロゴルファーとなれる。 日本で生まれ育って、アマチュアとして活躍した選手がプロになる一般的な方法だ。

最終日痛恨の76ストロークでプロテストに合格ならず

2015年のプロテスト1次予選は3月18日~4月3までの期間で3地区で行われた。1次試験は実績のあるアマチュアやプロテストに合格していないプロは免除される制度がある。

主なテスト免除の条件は
・LPGA ステップ・アップ・ツアー優勝者
・2016 年度最終プロテスト出場者
・2017 年度 TPD 単年登録者
の他に過去3年間の
・日本女子オープンのローアマチュア
・日本女子アマチュア選手権の優勝者
・日本女子学生選手権の優勝者
など、厳しいものばかりだ。

どれにも該当しない三ヶ島選手は1次予選から出場、1次予選3位タイ、2次予選1位タイと勝ち上がり、7月28日から行われた最終プロテストに駒(こま)を進めた。

最終プロテストは4日間72ホールで行われる。初日-3で6位タイ、2日目+1で回り10位タイ、3日目も+1で回り18位タイとぎりぎりで最終日を迎える。しかし最終日はまさかの+4のラウンドで29位タイに沈み、合格ラインには2打足りずに不合格となった。

プロテストに合格しなければプロとしてツアーに出場できないかと言えばそうではない。プロテストとは関係なく、来季の優先出場権をかけたクォリファイングトーナメント(QT)が別に設けられている。

おすすめの記事