「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

天国か地獄か、シード権奪回に燃える女子プロゴルファー香妻琴乃

2017 8/25 10:07hiiragi
女子ゴルフ 試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年プロテスト合格、QTにも成功

香妻琴乃(こうづま ことの)選手は1992年生まれ、鹿児島県出身の女子プロゴルファー。3歳からクラブを握り小学生のころからジュニア大会で活躍した。2004年には九州大会小学生の部とゴルフダイジェストジャパンジュニアカップで優勝、2008年には九州ジュニアゴルフ選手権で優勝を果たした。2009年と2010年にはJGAのナショナルチームに選抜され、日本代表として国際大会でも活躍している。

2011年にはヨネックスレディースゴルフトーナメントとリゾートトラストレディスで決勝まで進みローアマチュアを獲得すると2011年のプロテストを受験して見事合格、プロに転向した。2011年入会の83期生で同期には堀奈津佳選手や斉藤愛璃選手、青木瀬令奈選手がいる。

プロ転向の年は2試合に出場したがいずれも予選落ちを喫し、賞金獲得額は0円でクォリファイングトーナメント(QT)を受験する。結果は34位。例年だとほぼ全試合に出場可能な順位でファイナルQTを通過した。2011年プロテスト合格者は20名いたが、ほぼ全試合に出場できる40位以内で通過できたのは、香妻選手の他には豊永志帆選手、O.サタヤ選手、斉藤愛璃選手だけだった。

2012年シード権獲得ならず、QTにも失敗

プロ2年目は開幕戦ダイキンオーキッドレディスゴルフトーナメントから出場したが、1打足りずに予選落ちを喫してしまう。この大会の優勝は同期の斉藤愛璃選手だった。続くヨコハマタイヤゴルフトーナメントPRGRレディスカップでも予選落ちに終わり、3戦目となったTポイントレディス ゴルフトーナメントで初めての決勝進出を果たした。

その後は予選落ちはあるものの予選通過試合も多くなったが、上位には食い込めない。結局2012年シーズンは30試合に出場して、予選落ちが11回、最高順位は大王製紙エリエールレディスオープンの12位タイだった。獲得賞金額は約1038万円の賞金ランキング62位で終わりシード権獲得はできなかった。

そしてQTを受験するが結果は95位。この位置では優先順位によるレギュラーツアーへの出場は望めない。優先順位下位の選手は年間8回までの主催者推薦を受けるか、ステップ・アップ・ツアーで優勝して4試合のレギュラーツアー出場権を獲得するしか方法がない。

*2017年からはステップ・アップ・ツアーも賞金ランキング制を採用、優勝者に与えられた4試合の出場権は廃止された。 そして過酷な2013年シーズンが、幕を開けた。

おすすめの記事