「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京パラリンピック前に知りたい!車椅子フェンシングの基礎知識5つ

2017 5/1 19:13イシカワヒロキ
フェンシング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Rob van Esch/Shutterstock.com

東京オリンピックが近づくにつれ、ますますパラリンピックにも注目が集まっている。その中でも、車椅子フェンシングについてご存知だろうか?車椅子フェンシングは、思わず見入ってしまうほど白熱した試合が繰り広げられるスポーツだ。今回は、車椅子フェンシングの基礎知識5つを紹介する。

車椅子フェンシングとは?

車椅子フェンシングとは、下半身に障がいを持っている選手同士が、車椅子に乗りながら金属製の剣で相手に攻撃するスポーツだ。パラリンピックの車椅子フェンシングは、基本的にオリンピックのフェンシングとあまり変わらない。
大きく異なるのが、フェンシングの試合コート(ピスト)に車椅子を固定する点だ。フットワークが利用できない代わりに、上半身を巧みに使った戦略が重要だ。また、至近距離での攻防が勝敗のカギを握る。

車椅子フェンシングのパラリンピックルール

パラリンピックでは装着するマスクやユニフォーム、手に持つ剣も、オリンピックで使われる物と変わらない。試合で使う物は同じだが、ルールが異なる。それは、サーブルの競技があるのが、男子個人だけであることだ。サーブルは、相手の上半身に突きか斬りが当たると得点になる。
男子団体と女子個人・団体で選べるのは、フルーレとエペだ。フルーレは胴体部分に500g以上の突きが当たれば有効となり、エペは全身のいずれかに750g以上の突きが当たれば有効となる。

おすすめの記事