「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「緩急で惑わす」チェンジオブペースが得意なバスケットボール選手

2017 7/12 14:39おしょう
アレン・アイバーソン選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by miqu77/Shutterstock.com

テニス、サッカーなどあらゆるスポーツで使われるテクニックがチェンジオブペースだ。 一見簡単なプレイに見えるが、実は奥が深いスキルでもある。 今回はチェンジオブペースが得意な選手を紹介する。

チェンジオブペースとは

チェンジオブペースとはドリブルをしている時に、スピードを速めたり遅くしたりすることで相手を幻惑するスキルだ。スピードが速ければ有効的だが、より大事なのは「緩急」だ。最大スピードと最小スピードの差が大きければ大きいほど有効になるプレイでもある。
しかし、それも瞬時に行わなくてはならないので、基礎のフットワークやドリブルなどが重要になってくる。

「変幻自在」カイリー・アービング選手

2016年NBAファイナルを制したキャバリアーズの絶対的司令塔が、カイリーアービング選手だ。
アービング選手はドリブルの際に、手首に近いところでボールを扱う。そのことでリズムが独特になり、ディフェンスもタイミングが取りづらくなる。通常のドリブルでもタイミングが取りにくいのに、そこでチェンジオブペースをすることで、さらなるズレを生じさせることができる。
アービング選手はドリブルムーブも豊富なので、チェンジオブペースからつなげることでディフェンス陣をさらなる混乱に陥れることができるのだ。

おすすめの記事