「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【幻惑ドリブル】バスケのヘジテーションが得意な選手

2017 7/12 14:39sachi
カーメロ・アンソニー選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Aspen Photo/Shutterstock.com

バスケットボールのテクニックに「ヘジテーション」という技がある。ドリブル技術として非常に有効で、NBA選手にも名手が数多く存在する。 この記事ではヘジテーションの技術解説とともに、NBAでヘジテーションを得意としている選手をピックアップして紹介する。

ヘジテーションで相手ディフェンスを躊躇させよう

バスケットボールの現行ルールにおいて、ドリブルは1度のバウンド中に2歩までの移動が許されており、左右どちらの手も使うことができる。ボールを奪った後の速攻で、1人の選手が相手ゴール下までドリブルで切り込んでシュートを決めるシーンは見たことがあるだろう。
しかし、バスケットボールでは相手がディフェンスに戻るのも早く、フリーのままゴール下まで進めることはそうそうない。たいていの場合は3ポイントラインの手前あたりでマークがつき、パスを出す味方にも同様にマークがつく。
そのような状況を打開するのが、ドリブルで相手マーカーを外す動きだ。ヘジテーションは躊躇・戸惑いという意味の言葉だが、バスケではドリブルのリズム変化と左右への動きで相手を躊躇させるテクニックのことを指す。

ヘジテーションによってもたらされる3つの選択肢

ヘジテーションは、ドリブルをしている時に相手マーカーが横、もしくは正面についた場合に繰り出せるテクニックだ。
例えば右手でドリブルをしている時。相手マーカーの動きに合わせて一瞬ドリブルのスピードを緩める。そして勢いよく左にバウンドさせ重心を左に向ける動きをとると、相手はつられて体重を左に移動させる。それを利用して、左手からさらに右手側へドリブルして相手をかわす。これはヘジテーションからのクロスオーバーという動きだ。
しかし、ヘジテーションによって相手が下がる動きをとった場合はクロスオーバーの効果が出ない。その時は相手が距離を空けたことを利用してプルアップのシュートを狙う。
相手マーカーがヘジテーションに対して反応しない、または反応が遅れた場合、その間に1アーム以上の距離があれば、そのまま切り込んでドライブを狙う。

おすすめの記事