「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

「派手なテクニック」バックロールターンが得意なバスケ選手

2017 7/12 14:39おしょう
シャキール・オニール選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Ron Adar/Shutterstock.com

ドリブルでディフェンスをかわす際、最も派手な部類に入るプレイがバックロールターンだ。 綺麗にディフェンスを抜くと大きな歓声が上がるほどバックロールターンが得意な選手とは?

バックロールターンとは

バックロールターンとは相手に背中を向けてターンし、相手の後ろに抜けるというスキルだ。NBAではスピンムーブと呼ばれている(スピンムーブはゴールに近いエリアで使うイメージ)。一見ただ派手なプレイに見えるが、実は非常に合理的なテクニックだ。
まず背中を相手に向けながらボールを扱うので、スティールされる危険性が少なくなる。またドリブルの勢いをそのままでターンできるので、スピードを殺すこともない。

「変幻自在のセンター」アキーム・オラジュワン選手

NBA史上最高センターと評されるのが、アキーム・オラジュワン選手だ。オラジュワン選手は大柄な体格でありながら、非常に柔らかいボールタッチで、テクニックに秀でたセンターだった。
「ドリームシェイク」と呼ばれる、スピンムーブを始めとした様々なスキルを織り交ぜた独自の動作を得意としていた。ドリブル、スピンも得意だったが、シュートバリエーションも非常に豊富で、相手をあざ笑うかのように得点を量産した選手だ。

おすすめの記事