「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スポーツ×お金】第2回 あなたが突然、球団のGMになったら、何が必要なのか?①

2018 2/2 18:00藤本倫史
バット,ボール,ユニフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

ゼネラルマネージャーは稼げるあこがれの職業

 前回までは、プロ野球選手の年俸について述べた。今回はこのような年俸を査定し、選手の獲得や戦力外通告を行い、球団オーナーから出された予算でチームを整える編成責任者、いわゆるゼネラルマネージャー(GM)について語っていきたい。

 アメリカでは、このGMに就任するのは、スポーツビジネスを志すものとして憧れの職業である。日本でも、このようなアメリカの情報などが伝わっており、「いつか自分も!」という若者は多くなっている。
 なぜ憧れなのか?それは、子どもの時に憧れであったプロスポーツ選手とともに、球界の世界で戦い、高水準の報酬を稼ぐことができるという魅力があるからである。

 シカゴ・カブスの球団副社長セオ・エプスタインは2016年に5年5000万ドル(約50億円)、ロサンゼルス・ドジャースの編成部門取締役アンドリュー・フリードマンは2014年に5年3500万ドル(約35億円)という高額な契約を結んでいる(彼らの肩書は活躍によりGMから格上げになっているが、実質的な編成責任者である)。
 しかも、この両名ともプロ野球選手の経験はなく28歳の若さで、エプスタインはボストン・レッドソックス、フリードマンはタンパベイ・レイズのGMに大抜擢され、成果を出している。

日本では、このGM職に就く人材はプロ野球経験者が大多数を占めている。しかし、営業職やスタジアム運営部門には異業種からの人材が採用され、新興球団である福岡ソフトバンクホークス、東北楽天ゴールデンイーグルス、そして、横浜ⅮeNAベイスターズの球団幹部はそのような人材が多く採用されている。

 ゆえにこのコラムを読んでいる、スポーツビジネスに興味がある20代や30代の読者の方もチャンスはあると考え、「あなたが突然、GMになったらどうすればいいのか?」を想定してもらえると楽しみながら読んでもらえるのではないか。

データを読み、分析する力

 昨年の夏に、私が所属している大学で、学生向けにスポーツビジネス研修を実施した。MLBやMLS(メジャーリーグサッカー)の球団職員にインタビューを行った。そこで印象深い言葉がある。デイビット・ベッカムも所属したLAギャラクシーの球団幹部に、学生がこのような質問した。

「GMになるには、どうすればいいでしょうか?」 すると、その幹部は、 「うちは君の挑戦をいつでも待っている。チャレンジ精神は大切です。まずはインターンに挑戦してください。その中で、語学も大切だが、データを読めて、分析できるようになるといいのではないか。君は何か専門的にデータを扱ったことはあるかい?」 と言った。

 「データを読み、分析する力」これが、今、GMになるのには欠かせない力であることがわかる。
 GMは予算に余裕のある球団でも、余裕のない球団でも、選手に対して使うお金に対して根拠を示さなければならず、表を見てわかるようにドジャースやヤンキースは年間で200億円以上の大金を扱うことになる。このお金をどのように有効的に使い、支出を抑えるのか。

MLB年棒総額上位6チーム


その重要な判断の決め手となるのが、データによる選手分析である。これを最初に行い、革命を起こしたのが、マネーボールで有名なオークランド・アスレチックスのGMビリー・ビーンである。

おすすめの記事