「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【スポーツ×お金】第2回 あなたが突然、球団のGMになったら、何が必要なのか?①

2018 2/2 18:00藤本倫史
バット,ボール,ユニフォーム
このエントリーをはてなブックマークに追加

新たな選手の価値とは?

 1990年代までは、選手獲得はプロ野球経験者のGMやスカウトの経験と勘を駆使して、打率、本塁打、打点などを参考にして行われてきた。しかし、それだと、予算に余裕のある球団が大金を注ぎ込めば勝利する確率が高くなり、余裕のない球団はずっと下位に低迷する。

 そこで、予算に余裕のないアスレチックスのGMビリー・ビーンは改革を行い、2002年にメジャーリーグ年俸総額28位のチームを103勝できるチームに生まれ変わらせた。この改革のストーリーについては、日本でも2004年に発行されたマネーボールやその映画化作品などでご存知の方が多いのではないか。
 ここでは、ビーンのバックボーンではなく、どこに「選手の価値」を見出したのかに焦点を当てたい。

 マネーボールで語られる選手の価値は何か?私は単純に言うと「運によるプレー評価を捨てた」と考える。マネーボールに登場する打者の指標では、アウトにならない確率と一打で得点になりやすい確率を重要視したOPS(出塁率+長打率)が有名だと思われるが、それだけではない。
 まず、打点と得点圏打率である。打者が安打を打ったときの走者の有無は関係なく、偶然に打てたものだとビーンは考えた。いわゆる「チャンスに強い打者はいない」と想定したのである。また、バントや走塁も自らがアウトにいくものだとして、作戦として多用しなくなった(現在はこの考えは変わっている)。さらに守備に関しても、失策数は記録員の主観的なものであり、重要視しないとした。

 次に投手も同じように、勝利数、防御率、セーブはチームの状況によって変わってくる数字であり、重要視しないとした。逆に、投手の責任となる被本塁打や与四球が少なく、自らアウトがとれる奪三振率が高い投手をいい投手だと定義した。

 これらは皆、球界の常識を覆した。例えば、低打率で動きが鈍いイメージの選手。元アスレチックスでヤンキースでも活躍したニック・スウィッシャーや楽天にも在籍したケビン・ユーキリスのような選手に価値があると判断された。このような誰も見向きもしないような選手を低コストで獲得する。そして、選手もチャンスが与えられるので、一生懸命プレーをし、高額年俸を得る。

 これまで、MLB関係者たちは100年以上続いてきた打率や打点、そして勝利数などの数字を重要視し、その数字が高い選手に高年俸を積めば勝利に近づくと信じられてきた。裏を返せば、そのように金を積めないチームはずっと下位に低迷するしかないと言われた。だが、ビーンはそれを創意工夫し、新たな選手の価値を見出した。 現在、このマネーボールの考え方は一部見直されている。だが、過去のデータを活用し、統計学を用いて分析するセイバーメトリックスの考え方がここで確実に浸透した。

次回は、この「データを読み、分析する」を進化させ、今後のスポーツ界で生きていくための「力」と「未来」について語っていく。

【スポーツ×お金】第2回 あなたが突然、球団のGMになったら、何が必要なのか?②

《ライタープロフィール》 藤本 倫史(ふじもと・のりふみ) 福山大学 経済学部 経済学科 助教。広島国際学院大学大学院現代社会学研究科博士前期課程修了。大学院修了後、スポーツマネジメント会社を経て、プランナーとして独立。2013年にNPO法人スポーツコミュニティ広島を設立。現在はプロスポーツクラブの経営やスポーツとまちづくりについて研究を行う。著書として『我らがカープは優勝できる!?』(南々社)など。

おすすめの記事