【1980年代後半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?|【SPAIA】スパイア

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【1980年代後半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?


1985年:KKコンビに沸いたドラフト会議

桑田真澄選手、清原和博選手の「KKコンビ」が話題となった1985年のドラフト会議。桑田選手は早稲田大学進学を表明しており、各球団が指名を回避。しかし、読売ジャイアンツだけが強行指名。
一方、清原選手は巨人を志望していたが、巨人は桑田選手に入札。この結果に涙を流している。結局、清原選手は6球団が1位入札。抽選の結果、西武ライオンズが交渉権を獲得し入団に至っている。

その他の指名では、日本ハムファイターズが3位で田中幸雄選手を獲得。田中選手は日本ハム生え抜き選手としては史上初の2000本安打達成者となっている。

下位指名から活躍をした選手には、西武から6位指名を受けた横田久則選手がいる。横田選手は入団2年目の1987年に5勝を挙げたものの、故障で以降3年間登板できなかった。
しかし、1991年に中継ぎとして復活24試合に登板し2勝2敗、防御率3.02の成績をマーク。その後、千葉ロッテマリーンズ、阪神タイガースと渡り歩き台湾へ移籍。台湾リーグでは1年目から最多勝を獲得する活躍を見せている。

1986年:女性ファンに人気絶大の緒方耕一選手が入団

史上初めて12球団全てがドラフト1位で投手を指名した1986年ドラフト会議。目玉は愛知県・享栄高校のエース近藤真一選手だった。5球団が近藤選手に入札を行い、中日ドラゴンズが交渉権を獲得し入団に至っている。その近藤選手はデビュー戦で読売ジャイアンツを相手にノーヒットノーランを達成。史上初となるプロデビュー戦での快挙となった。
その他の1位指名では阿波野秀幸選手(近鉄)、西崎幸広選手(日本ハム)の「トレンディーエース」と呼ばれた選手達がプロ入り。また、2017年現在広島東洋カープを率いる緒方孝市監督も同年のドラフト3位で広島東洋カープ入りを果たしている。

下位指名から実績を残した選手では、読売ジャイアンツが6位で指名した緒方耕一選手が挙げられる。高校野球の名門・熊本工業高校からプロ入りを果たした緒方選手は、3年目の1989年に一軍デビュー。
翌1990年にレギュラーを獲得すると33盗塁をマークし盗塁王を獲得。しかし、アキレス腱の故障もあり1991年から出番は減少するが1993年に復活。24盗塁で再び盗塁王に輝いている。また、ルックスがよく女性ファンからの人気も絶大であった。

1987年:ミスタープロ野球の息子・長嶋一茂選手が入団!

1987年ドラフト会議の目玉は、長嶋茂雄選手の息子である長嶋一茂選手だった。その長嶋選手にはヤクルトスワローズ、大洋ホエールズの2球団が入札。抽選の末にヤクルトが交渉権を獲得している。
その他には立浪和義選手が中日ドラゴンズと南海ホークスの2球団が入札。当たりくじを引いた中日へ入団が決まり、初年度から新人王を獲得する活躍を見せた。その後も中日一筋で22年間プレーし、2480安打を記録。歴代最多の487二塁打を放つなど「ミスタードラゴンズ」として歴史に名を残している。

この年の下位指名では、福岡ダイエーホークスに5位で指名された吉永幸一郎選手がいる。吉永選手は1992年にレギュラーを獲得すると、3割近い打率をコンスタントに記録。1997年には打率.300、29本塁打の成績を残している。2001年からは巨人へ移籍し大きな活躍をすることはできずに2003年現役を引退した。

1988年:広島の5位指名でスラッガー江藤智選手が入団

大きな目玉は存在せず、人気の割れた1988年ドラフト会議。川崎憲次郎選手、中島輝士選手、酒井勉選手の3名に各2球団が入札。川崎選手はヤクルト、中島選手は日本ハム、酒井選手はオリックスがそれぞれ交渉権を獲得している。
このドラフト会議でもっとも指名が重複したのは、2位指名の岡幸俊選手だった。当時は、1位指名だけでなくその他の順位でも一斉入札方式がとられており、なんと2位の岡選手に5球団が入札となったのだ。この抽選で当たりくじを引いたのは、1位でも川崎選手を引き当てたヤクルトだった。
しかし、岡選手は故障もあり1勝も挙げることができずに現役を引退している。このドラフトでは野村謙二郎選手(広島)、今中慎二選手(中日)、谷繁元信選手(横浜大洋)らが1位指名を受けプロ入りし、入団後に大きな活躍を見せている。

一方下位指名で目を引くのは、広島東洋カープが5位で指名した江藤智選手だ。江藤選手は捕手として入団するが、3年目の1991年に内野手へ転向し、初めて年間通して試合出場した1993年には本塁打王に輝いている。1995年には本塁打王、打点王の二冠を達成し、リーグ屈指の長距離ヒッターとなった。
1999年オフにFA権を行使し読売ジャイアンツへ移籍し、2000年からは2005年までの6年間を巨人で過ごしている。晩年は埼玉西武ライオンズでプレーし2009年に現役を引退した。通算364本塁打をマークしている。

1989年:下位指名からメジャーリーガーが誕生

野茂英雄選手に史上最多となる8球団が1位入札を行った1989年ドラフト会議。抽選の末に、近鉄バファローズが野茂選手の交渉権を獲得した。その他にもこの年は後の名選手が多く誕生している。
1位指名では佐々岡真司選手(広島)、与田剛選手(中日)、佐々木主浩選手(横浜大洋)、潮崎哲也選手(西武)、小宮山悟選手(ロッテ)が名を連ねた。
また、そのほかにも古田敦也選手(ヤクルト・2位)、前田智徳選手(広島4位)らがプロ入りを果たしている。

このように上位陣が大豊作となった1989年のドラフト会議だが、下位指名からもメジャーリーガーが誕生している。それは、阪神タイガースが5位で指名した新庄剛志選手だ。西日本短大附属高校から阪神入りした新庄選手は、高卒ということもあり、ルーキーイヤーの1990年は一軍出場はなかった。デビューを果たしたのは2年目の1991年で、この年は13試合に出場し初安打をマークすると、翌1992年には95試合に出場した。
規定打席には届かなかったものの、打率.278(353打数98安打)、11本塁打をマークした亀山努選手と「亀新フィーバー」を巻き起こした。以降2000年まで阪神で活躍し、翌2001年から3年間に渡りメジャーリーグを経験。2004年から2006年までは北海道日本ハムファイターズでプレーし、パリーグを盛り上げている。
数々のパフォーマンスで球場を盛り上げた新庄選手もドラフト時は5位という低評価だったのだ。

おすすめの記事

関連記事

プロ野球 試合経過・結果

セ・リーグ

パ・リーグ

{{league_title}}

  • 本日開催される試合はありません

B1 順位表

東地区
中地区
西地区
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}
:Bリーグ チャンピオンシップ出場チーム
:B1 残留プレーオフ出場チーム
チーム勝率
{{club.Rank}}{{club.TeamNameS}}
{{club.WinningCount}}{{club.LosingCount}}{{trimFirstZero(club.WinningRate)}}{{getFormattedGameBehind(club)}}

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.raw.Name}}{{item.raw['ShortName-Team']}}{{item.metrics.ops.toFixed(3)}}{{item.metrics.ops.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

SPAIA スポーツコラム ライター募集中!