「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【1980年代後半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?

2017 10/13 10:05cut
野球,バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

1985年:KKコンビに沸いたドラフト会議

桑田真澄選手、清原和博選手の「KKコンビ」が話題となった1985年のドラフト会議。桑田選手は早稲田大学進学を表明しており、各球団が指名を回避。しかし、読売ジャイアンツだけが強行指名。
一方、清原選手は巨人を志望していたが、巨人は桑田選手に入札。この結果に涙を流している。結局、清原選手は6球団が1位入札。抽選の結果、西武ライオンズが交渉権を獲得し入団に至っている。

その他の指名では、日本ハムファイターズが3位で田中幸雄選手を獲得。田中選手は日本ハム生え抜き選手としては史上初の2000本安打達成者となっている。

下位指名から活躍をした選手には、西武から6位指名を受けた横田久則選手がいる。横田選手は入団2年目の1987年に5勝を挙げたものの、故障で以降3年間登板できなかった。
しかし、1991年に中継ぎとして復活24試合に登板し2勝2敗、防御率3.02の成績をマーク。その後、千葉ロッテマリーンズ、阪神タイガースと渡り歩き台湾へ移籍。台湾リーグでは1年目から最多勝を獲得する活躍を見せている。

1986年:女性ファンに人気絶大の緒方耕一選手が入団

史上初めて12球団全てがドラフト1位で投手を指名した1986年ドラフト会議。目玉は愛知県・享栄高校のエース近藤真一選手だった。5球団が近藤選手に入札を行い、中日ドラゴンズが交渉権を獲得し入団に至っている。その近藤選手はデビュー戦で読売ジャイアンツを相手にノーヒットノーランを達成。史上初となるプロデビュー戦での快挙となった。
その他の1位指名では阿波野秀幸選手(近鉄)、西崎幸広選手(日本ハム)の「トレンディーエース」と呼ばれた選手達がプロ入り。また、2017年現在広島東洋カープを率いる緒方孝市監督も同年のドラフト3位で広島東洋カープ入りを果たしている。

下位指名から実績を残した選手では、読売ジャイアンツが6位で指名した緒方耕一選手が挙げられる。高校野球の名門・熊本工業高校からプロ入りを果たした緒方選手は、3年目の1989年に一軍デビュー。
翌1990年にレギュラーを獲得すると33盗塁をマークし盗塁王を獲得。しかし、アキレス腱の故障もあり1991年から出番は減少するが1993年に復活。24盗塁で再び盗塁王に輝いている。また、ルックスがよく女性ファンからの人気も絶大であった。

おすすめの記事