「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【1980年代後半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?

2017 10/13 10:05cut
野球,バッター
このエントリーをはてなブックマークに追加

1987年:ミスタープロ野球の息子・長嶋一茂選手が入団!

1987年ドラフト会議の目玉は、長嶋茂雄選手の息子である長嶋一茂選手だった。その長嶋選手にはヤクルトスワローズ、大洋ホエールズの2球団が入札。抽選の末にヤクルトが交渉権を獲得している。
その他には立浪和義選手が中日ドラゴンズと南海ホークスの2球団が入札。当たりくじを引いた中日へ入団が決まり、初年度から新人王を獲得する活躍を見せた。その後も中日一筋で22年間プレーし、2480安打を記録。歴代最多の487二塁打を放つなど「ミスタードラゴンズ」として歴史に名を残している。

この年の下位指名では、福岡ダイエーホークスに5位で指名された吉永幸一郎選手がいる。吉永選手は1992年にレギュラーを獲得すると、3割近い打率をコンスタントに記録。1997年には打率.300、29本塁打の成績を残している。2001年からは巨人へ移籍し大きな活躍をすることはできずに2003年現役を引退した。

1988年:広島の5位指名でスラッガー江藤智選手が入団

大きな目玉は存在せず、人気の割れた1988年ドラフト会議。川崎憲次郎選手、中島輝士選手、酒井勉選手の3名に各2球団が入札。川崎選手はヤクルト、中島選手は日本ハム、酒井選手はオリックスがそれぞれ交渉権を獲得している。
このドラフト会議でもっとも指名が重複したのは、2位指名の岡幸俊選手だった。当時は、1位指名だけでなくその他の順位でも一斉入札方式がとられており、なんと2位の岡選手に5球団が入札となったのだ。この抽選で当たりくじを引いたのは、1位でも川崎選手を引き当てたヤクルトだった。
しかし、岡選手は故障もあり1勝も挙げることができずに現役を引退している。このドラフトでは野村謙二郎選手(広島)、今中慎二選手(中日)、谷繁元信選手(横浜大洋)らが1位指名を受けプロ入りし、入団後に大きな活躍を見せている。

一方下位指名で目を引くのは、広島東洋カープが5位で指名した江藤智選手だ。江藤選手は捕手として入団するが、3年目の1991年に内野手へ転向し、初めて年間通して試合出場した1993年には本塁打王に輝いている。1995年には本塁打王、打点王の二冠を達成し、リーグ屈指の長距離ヒッターとなった。
1999年オフにFA権を行使し読売ジャイアンツへ移籍し、2000年からは2005年までの6年間を巨人で過ごしている。晩年は埼玉西武ライオンズでプレーし2009年に現役を引退した。通算364本塁打をマークしている。

おすすめの記事