「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【1980年代前半を振り返る】ドラフト下位指名からのブレイクは?

2017 10/13 10:05cut
野球ボール,グローブ,バット
このエントリーをはてなブックマークに追加

1980年:スーパーカートリオの一角・高木選手が入団

原辰徳選手、石毛宏典選手が注目となっていた1980年のドラフト会議。原選手には4球団、石毛選手には2球団が入札。それぞれ読売ジャイアンツ、西武ライオンズが交渉権を獲得し入団に至っている。
両選手ともに1年目から期待通りの活躍を見せ新人王に輝くと長きにわたり、チームを引っ張る存在となった。その他には横浜高校のエース・愛甲猛選手がロッテオリオンズから1位指名を受け入団している。

この年は各球団4名までの指名となっているため3位、4位が下位指名となる。そのなかで、ブレイクを果たしたといえるのが高木豊選手(大洋3位)、弓岡敬二郎選手(阪急3位)だろう。
高木選手は「スーパーカートリオ」として屋敷要選手、加藤博一らと売り出され盗塁王も獲得している。
弓岡選手は遊撃手としてレギュラーを獲得。打撃タイトルの獲得はないものの、ベストナイン1回、ゴールデングラブ賞2回を受賞している。また、指導者として独立リーグの愛媛マンダリンパイレーツを独立リーグ日本一に導くなどの成果を残した。愛媛マンダリンパイレーツはこの実績を讃え弓岡監督が背負った背番号「77」を永久欠番と制定している。

1981年:社会人野球入りの噂が先行していた工藤選手が6位で西武へ

1981年のドラフト会議は愛知県の高校生3人が注目を集めていた。大府高校の槙原寛己選手、愛知高校の浜田一夫選手、名古屋電気高校の工藤公康選手だ。
槇原選手は読売ジャイアンツが1位で指名。浜田選手は中日ドラゴンズが2位で指名している。工藤選手は熊谷組へ進むという情報が流れていたために、各球団指名を回避。しかし、「寝業師」とも呼ばれていた西武ライオンズの根本陸夫氏が6位で強行指名し、各球団を驚かせている。

下位指名で実績を残した選手は前述の工藤選手が筆頭格だ。工藤選手は西武の黄金時代をエースとして過ごし、その後、福岡ダイエーホークス、読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズ、再び西武と渡り歩いている。通算224勝をマークし現在は福岡ソフトバンクホークスの監督を務めるなど球界に大きく貢献した選手といえるだろう。

また、ロッテオリオンズが5位で指名し西村徳文選手も大きな実績を残している。ロッテでは俊足巧打の二塁手として活躍。首位打者1回、盗塁王4回のタイトルを獲得。ベストナイン、ゴールデングラブ賞を各2回ずつ受賞するなど一時代を築き現役引退後に監督も務めている。

おすすめの記事