「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球で背番号2を背負った名選手たち

2017 9/13 14:03cut
野球,グローブ,ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2019年現役選手の背番号「2」

歴代の背番号「2」を確認する前に、2019年シーズンの背番号「2」を確認すると、各球団の背番号「2」は下記の選手が背負っている。

日本ハム:杉谷拳士選手(内野手)
ソフトバンク:今宮健太選手(内野手)
ロッテ:藤原恭大選手(外野手)
西武:―
楽天:太田光選手(捕手)
オリックス:白崎浩之選手(内野手)
広島:田中広輔選手(内野手)
巨人:陽岱鋼選手(外野手)
DeNA:ホセ・ロペス選手(内野手)
阪神:北條史也選手(内野手)
ヤクルト:大引啓次選手(内野手)
中日:―

不在:2球団
永久欠番:0球団
投手:0球団
捕手:1球団
内野手:7球団
外野手:2球団

12球団中7球団で内野手が背番号「2」を背負っている。

外野手の陽岱鋼選手は、日本ハム時代は2013年から「1」を背負っていたが、巨人の背番号「1」は永久欠番ということもあり、FA移籍と同時に「2」に変更した。

中日は2018年まで荒木雅博内野手が背負っていたが現役引退し、現在は空き番となっている。

内野手のイメージが強い背番号「2」

2019年の背番号「2」は、広島のリードオフマン田中広輔選手や今宮健太選手(ソフトバンク)、大引啓次選手(ヤクルト)らの二遊間を守る選手が多い。外野手は陽岱鋼選手(巨人)とドラフト1位ルーキーの藤原恭大選手(ロッテ)の二人のみ。ロペス選手(DeNA)ら強打者もいるが、どちらかと言えば巧打の内野手のイメージが強い。

歴代の選手を見渡してみても広岡達朗選手(元巨人)、元木大介選手(元巨人)、高橋慶彦選手(元広島他)ら巧打の内野手が多く付けていた。近年では小笠原道大選手(元中日他)ら強打者も着用しているが少数派だ。

高校野球においてはレギュラー捕手の番号のため、プロでも捕手が背負うことも多い。香川伸行選手(元ダイエー)、城島健司選手(元阪神他)らがこのパターンだ。

おすすめの記事