「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球で背番号2を背負った名選手たち

2017 9/13 14:03cut
野球,グローブ,ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年現役選手の背番号「2」

歴代の背番号「2」を確認する前に、2017年シーズンの背番号「2」を確認すると、各球団の背番号「2」は下記の選手が背負っている。

日本ハム:杉谷拳士選手(内野手)
ソフトバンク:今宮健太選手(内野手)
ロッテ:根元俊一選手(内野手)
西武:金子侑司選手(外野手)
楽天:吉持亮汰選手(内野手)
オリックス:欠番
広島:田中広輔選手(内野手)
巨人:陽岱鋼選手(外野手)
DeNA:ホセ・ロペス選手(内野手)
阪神:北條史也選手(内野手)
ヤクルト:大引啓次選手(内野手)
中日:荒木雅博選手(内野手)

不在:1球団
永久欠番:0球団
投手:0球団
捕手:0球団
内野手:9球団
外野手:2球団

12球団中、9球団の背番号「2」は内野手が着用している。内野手の中でも二遊間の選手が多いが、横浜DeNAベイスターズのロペス選手は一塁がメインポジションだ。また、外野手である陽岱鋼選手は、北海道日本ハムファイターズ時代は2013年から「1」を背負っていた。しかし、読売ジャイアンツの背番号「1」は王貞治選手の永久欠番ということもあり、FA移籍と同時に「2」へと変更した。

オリックス・バファローズは2016年シーズンまで原拓也内野手が背負っていたが現役引退。2017年シーズンは1998年シーズン以来の欠番となっている。

内野手のイメージが強い背番号「2」

2017年現在の背番号「2」の選手といえば、通算2000本安打を達成した荒木雅博選手(中日)、広島を牽引する田中広輔選手(広島)、大引啓次選手(ヤクルト)らの内野手だ。外野手では陽岱鋼選手(巨人)、金子侑司選手(西武)のふたりのみ。背番号「2」でもロペス選手(DeNA)ら強打者は存在しているが、巧打の内野手に渡される可能性もある。

歴代の選手を見渡してみても、広岡達朗選手(元巨人)、元木大介選手(元巨人)、高橋慶彦選手(元広島他)など巧打の内野手が多くつけていた。近年では小笠原道大選手(元中日他)が強打の選手も着用しているが少数派だ。

高校野球において背番号「2」はレギュラー捕手ということが多いために、この番号を捕手が背負うことも多い。香川伸行選手(元ダイエー)、城島健司選手(元阪神他)らがこのパターンだ。

おすすめの記事