「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東京ヤクルトスワローズの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
マウンドに野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mtsaride/Shutterstock.com

東京ヤクルトスワローズの歴代監督について知りたいことはないだろうか。
今回は東京ヤクルトスワローズの歴代監督を取り上げる。

人材育成のプロ”関根潤三”

関根潤三監督は元祖二刀流として現役時代を近鉄で過ごす。現役引退後に解説者、コーチを経て大洋ホエールズの監督に就任。3年間で屋鋪要、高木豊ら後の大洋ホエールズを支える選手たちを育成した。
その後ヤクルトスワローズの監督に就任した関根潤三はAクラスに一度も入ることは出来ない。しかし、1990年台に黄金期を作るヤクルトスワローズの中心選手を育成する。池山隆寛、広沢克己、栗山英樹、荒木大輔など名前をあげればキリがない。
監督として成績面での実績は残せなかったが、人材育成の功績は大きいものがあった。関根潤三監督が残した人材がいなければ後のヤクルトスワローズの優勝は無かったと言っても過言ではない。

ID野球の礎”野村克也”

野村克也監督は関根潤三監督の残してくれた遺産である選手たちを起用し、1990年代初期にヤクルトスワローズの黄金期を作った。
さらに、野村克也監督は当時はあまり活用されてなかったデータをフル活用し”ID野球”という概念を持ち込んだことで知られている。選手の力プラスデータでチームを総合的に強化したのだ。9年間のヤクルトスワローズ監督時代で4回の優勝そして、3回の日本一に輝き大きな実績を残した。
当時の教え子である栗山英樹や真中満が監督になっていることも、野村克也監督の残した実績といえるかもしれない。

ミスタースワローズこと”若松勉”

「ファンの皆様、おめでとうございる!」の挨拶で知られる若松勉監督は、野村克也監督の後を受け継ぎ7年間ヤクルトスワローズの監督を務めた。
7年の監督生活でAクラス4回そのうち1回日本一に輝く。野村克也監督が9年間で3回日本一になったことと、自身の成績を比べファンに謝ったエピソードは若松勉監督の性格がよく現れているのかもしれない。
選手時代からとても温厚で退場処分も1度しかない。その人柄故に慕っている選手も多いようだ。

おすすめの記事