「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

千葉ロッテマリーンズの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
マウンドに野球ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by David Lee/Shutterstock.com

千葉ロッテマリーンズのファンの中には、毎月1回行われるファン感謝イベント「マリンフェスタ」を楽しみにしている方も多いだろう。イベントを楽しんだら、この機会にチームの歴史をもっと知りたいと思わないだろうか。そんなファン思いの球団、千葉ロッテマリーンズの歴代監督3人をピックアップし、彼らが何を残したのか考察する。

山本 功児

山本功児氏は、1999年?2003年に千葉ロッテマリーンズの監督を務めた。
チームの戦績は、在任中すべて5位か4位に終わり、一見するとパッとしない印象だ。しかし、不振にあえぐチームを根気よく改善・改革し、最後の2003年には借金1というところまで戻している。
なかでも2003年シーズンの9月・10月の成績は22勝8敗1分で勝率.733という絶好調だったのが山本監督の手腕をよくあらわしている。
そんな山本監督が千葉ロッテマリーンズに残したモノ。 それは、「若手を根気よく育成し、生え抜きを積極的に起用することの大切さ」ではないだろうか。 就任当初は、戦力不足で悩む中、若手生え抜きの大塚明や立川隆史を積極起用し、ベテラン勢を中心に外部補強を適宜行いながら戦い抜く。
その間も根気よく若手の育成に注力し、やがて次に続くバレンタイン監督率いるチームの躍進の原動力になったサブロー、里崎智也、小林宏之を育てあげることに成功している。 近年、バレンタイン監督時代に大活躍したこの3選手を育てあげたことで、山本監督の手腕が再評価されている。

ボビー・バレンタイン

ボビー・バレンタイン氏は米国 テキサス・レンジャーズを率いたメジャー・リーグの監督だった。
その時の手腕を買われて、95年に千葉ロッテマリーンズの監督に就任する。 フロントとの確執でその年で引退してしまうが、2004年、不振にあえぐチーム再建を請われて9年ぶりに日本球界に復帰する。
その後の活躍はご存知の通りだ。 パ・リーグ優勝、日本シリーズ優勝、第一回アジアシリーズ優勝とすばらしい実績だ。 そんなボビー・バレンタイン監督が千葉ロッテマリーンズに残したモノ。
それは、「選手起用に独自の思想・哲学を貫きとおす大切さ」ではないだろうか。 バレンタイン監督が最も重視した選手起用における哲学、それは、ほぼすべてのポジションで必ず複数の選手を起用すること。これによって選手間に競争意識を芽生えさせ、各選手を適度に休息させて故障を防ぐというものだ。
このバレンタイン監督の思想によって、チームは故障者を出すことを抑え、長く安定して戦える体制を整えたのだ。

おすすめの記事