「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

横浜DeNAベイスターズの歴代監督がチームに残したモノ

2016 8/13 15:01
横浜球場
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mtsaride/Shutterstock.com

横浜DeNAベイスターズがまだ横浜大洋ホエールズだったころも含めて、Aクラス入りを果たした5人の監督がそれぞれチームに何を残したのか、彼らのチーム運営や実績交えて振り返る。

須藤 豊

須藤豊監督は、1990?1992年のシーズン開幕まで横浜DeNAベイスターズの前前身、横浜大洋ホエールズ時代の監督だった。就任した1990年に3位の成績を残し、Aクラス入りを果たしている。
そんな須藤豊監督がチームに残したものは「最も優れた投手がストッパー(抑え)を務めるべきである」という抑え投手に対する思想だろう。この思想に基づき誕生したのが、「ハマの大魔神」こと佐々木主浩投手だ。伸びのあるストレートと、驚異的な落差のフォークボールを武器に奪三振の山を築いた投手で、ベイスターズのみならず日本球界屈指のストッパーとなった。
そんな佐々木投手の才能が開花するきっかけは、間違いなく須藤監督の思想によるものだ。

大矢 明彦

1996年?1997年、2007年?2009年の2期5年に渡ってベイスターズの監督を務めた。大矢監督がチームに残したモノ、それは何と言っても谷繁元信選手を、球界を代表する捕手に育てあげたことではないだろうか。
前任の近藤昭仁監督時代にバッテリーコーチに就任していた大矢氏は、その頃から谷繁選手の捕手としてのリード技術、打撃面を徹底的に指導する。大矢氏が監督になってからは、それまでレギュラーとして定着しなかった谷繁選手を積極起用。その甲斐あって、課題であったリード面、打撃面でも著しい成長を遂げ、球界を代表する捕手になった。
谷繁氏は現在、中日ドラゴンズの監督を務めている。

権藤 博

権藤博監督が横浜DeNAベイスターズに残したモノ、それは輝かしいチームの成績ではないだろうか。
近年は優勝争いから遠のき、厳しいシーズンが続いている横浜DeNAベイスターズ。
しかし、権藤監督がチームを率いた1年目の1998年には実に38年ぶりになるセリーグ優勝と日本一に輝いた。その後、2000年までチームの監督を務めたが、在任したすべての期間でAクラス入りを果たすなど、引退時は惜しまれる声が大変多かったのが印象的だ。

おすすめの記事