「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

無観客試合で趣向凝らす各球団、ファンと一体感を演出できるか

2020 6/10 06:00SPAIA編集部
応援動画募集Ⓒ千葉ロッテマリーンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ千葉ロッテマリーンズ

ロッテは応援動画と音声で選手を後押し

6月19日に開幕後、当面は無観客試合として行われるプロ野球。球場に足を運べないファンのため、声援の後押しを受けられない選手のために、各球団が趣向を凝らしている。

開幕カードを敵地でソフトバンクと戦うロッテは、6月23日からZOZOマリンスタジアムでオリックスと6連戦が組まれている。通常ならライトスタンドで繰り広げられる統制の取れた熱い応援を背に戦うが、無観客試合ではホームの有利さも半減する可能性がある。そこで球団と千葉ロッテマリーンズ応援団が協議し、ファンの応援動画や音声をロッテの攻撃時などにスタジアムのビジョンと音響を駆使して流すことになった。

球団公式HPから6月14日までに応援動画と音声を投稿すれば、集約、編集した映像と音声が選手に届くことになる。9日に行われた中日との練習試合ではライトスタンドにスピーカーを3台設置し、事前に収録した応援団の音声をテスト。本塁打を放った井上晴哉は「後押しを受けている感じがあった」と上々の反応を示しており、いつものホームゲームに近い雰囲気を演出できそうだ。

HPで募集している応援歌・コールは「LOTTEコール」、「We Are」など10種類。球団広報室は「応援団の皆様のご理解とご協力をいただき募集をさせていただくことになりました。ファンの皆様にもぜひご参加をいただき、この新しい形での応援で盛り上げることが出来ればと思っています。今は出来ることは限られておりスタジアムに直接、足を運んでの応援をしていただくことは出来ない状況ですが、こういった形で応援していただき、一緒に戦っていただければと思います」とコメントしている。

オリックスはメッセージをスタンドに掲出

地元・京セラドーム大阪で楽天と開幕3連戦を戦うオリックスは「応援し幕れ!バファローズ自宅応援団」を募集。球団公式オンラインショップから指定の商品を購入すると、応援メッセージを送ることができる。それが横断幕やメッセージペーパーとして京セラドームのスタンドに掲出される仕組みだ。

開幕投手に決定している山岡泰輔は「無観客試合なので、このような形でファンの皆さんの応援を感じられるのは素直に嬉しいです。やる気も出ますね。意識して見るようにします。一球一球を楽しんでもらうこともそうですが、なによりチームが勝てるピッチングができるようにがんばります!」とコメントしている。

無観客試合でいかにファンとチームの一体感を演出するかは、球団の腕の見せどころでもある。盛り上がり次第では、新しい応援スタイルのひとつとして定着する可能性もありそうだ。

《関連記事》
ZOZOマリンで感動の「WE ARE パ・リーグ」【思い出のオールスター⑨ロッテ編】
新型コロナでメディアの在り方も変わる?プロ野球広報の工夫と苦悩
ロッテが「Zoomトレ」実施、withコロナ時代の練習方法
プロ野球歴代の「ライバル投手物語」近年では山岡泰輔vs田口麗斗
山岡泰輔はオリックス開幕戦の連敗を8で止められるか?

おすすめの記事