「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロッテが「Zoomトレ」実施、withコロナ時代の練習方法

2020 5/17 11:00SPAIA編集部
トレーニング中のZoomの画面Ⓒ千葉ロッテマリーンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ千葉ロッテマリーンズ

モニター越しにトレーニングコーチが指導

新型コロナウイルスの影響でいまだ開幕していないプロ野球。練習すら思ったようにできない状況で、各球団や選手はできる範囲で工夫している。

ロッテは4月下旬からZoomを使ったトレーニングを実施中。第1部が午前10時から40分間、第2部が同10時45分から30分間、トレーニングコーチらの主導で行っており、希望する選手が自宅や寮の自室でモニター越しに指導を受けている。

限られた時間だけにメニューも細分化。最初に栄養学、もしくはトレーニングの講義を10分間行い、その後ストレッチ、体幹トレーニング、上半身のウエートトレ、下半身のウエートトレを各10分、インターバルトレーニングを15分というのが基本的な流れだ。

現在も全体練習は行っておらず、マリンスタジアムと浦和の二軍施設を活用して1人2時間ずつ個別練習を行うのみ。球場とロッカールームの同時使用は2人まで、ウエート施設は1人に限定し、全選手が2日に1回練習できるようにシフト制を組んでいる。1人でするトレーニングには限界があるだけに、画面越しでもチームメートとともにコーチの指導の下で汗を流せるのは貴重だろう。

安田尚憲「繋がっている感じがして頑張れる」

楠貴彦コンディショニングディレクター兼育成統括は「この事態の中で何が最善かを考えて、千葉ロッテマリーンズは自宅待機を続けています。球場で2日に1回の自主練習が再開された中でも『密』を避けるために、選手には厳しい制限を設けさせて頂きました。仲間同士が顔を合わすことができない、トレーニングができない中で、我々はzoomを活用して、オンラインでのトレーニングや栄養、トレーニング講座などを実践しています」と狙いを説明する。

画面越しにアドバイスを送る菊地大祐トレーニングコーチⒸ千葉ロッテマリーンズ

菊地大祐トレーニングコーチⒸ千葉ロッテマリーンズ


始めた当初は参加者が1人だけだったり、選手がスマホやタブレットの操作に手間取ったり、手探り状態だったという。しかし、今では毎日10~15人の選手が参加。いつ開幕を迎えてもいいように、日々トレーニングに取り組んでいる。

期待のスラッガー・安田尚憲は「Zoomトレーニングは初めての経験です。一つの方法としてありだなと感じました。ずっと自主練習をしている中で、画面を通してでも皆さんと一緒にトレーニングができるのはとても楽しく、張り合いがあります。アドバイスもいただけますし、ちょっとした会話をするだけでも繋がっている感じがして、みんなも頑張っているのだから、自分ももっとやろうと頑張れます」と話す。2019年にイースタンリーグで本塁打王と打点王の二冠に輝いた若武者が、Zoomトレで3年目の飛躍なるか注目だ。

《関連記事》
佐々木朗希にとって、ロッテが好環境である理由
安田尚憲はロッテの未来 覚醒の鍵は心の迷いを吹っ切ること
ロッテ入りの福田秀平は隠れた飛ばし屋「IsoP」は中田翔より上
2005年のロッテが平成パ・リーグ最強? 「得失点差」で見るパ・リーグ優勝チーム
ドラフト1位のくじ運最強はロッテ、最弱は…

おすすめの記事