「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロ野球歴代の「ライバル投手物語」近年では山岡泰輔vs田口麗斗

2020 4/15 17:00SPAIA編集部
山岡泰輔(左)と田口麗斗ⒸSPAIA
このエントリーをはてなブックマークに追加

ⒸSPAIA

交互に開幕投手務めた江川卓と西本聖

スポーツにおいてライバル同士の熱い戦いはファンを魅了する。プロ野球でもこれまで多くのライバル物語があった。それは投手と打者の対決だけではない。同じポジションの選手に対しても負けたくない、相手よりいい成績を残したいという気持ちが高まるほど、よりハイレベルでの争いにつながる。

投手同士でも激しくしのぎを削った例は少なくない。本人がどう感じていたかは別にして、マスコミはライバル対決を煽り、それを楽しむファンがいたことは確かだ。

巨人で思い起こされるのは江川卓と西本聖。松山商から1974年ドラフト外で入団した西本は努力家として知られ、1978年ドラフトで「空白の1日」と呼ばれる大騒動を巻き起こして入団した江川に闘志を燃やした。

2人は「エースは俺だ」と言わんばかりに好成績を収める。江川は1980、81年に最多勝、81年は最優秀防御率のタイトルも獲得し、2冠に輝いている。

西本は1981年に18勝、82年から3年連続15勝を挙げたが、いずれの年も江川を上回ることはできなかった。しかし、中日に移籍した1989年に20勝で最多勝に輝いている。

江川卓と西本聖の年度別成績

 

江川は1980、82、84、86年、西本は1981、83、85、87年と8年間、交互に開幕投手を務めたことからも、いかに両者がしのぎを削っていたかが分かる。

ともに4年で58勝だった阿波野秀幸と西崎幸広

1986年にともにドラフト1位でプロ入りした近鉄・阿波野秀幸と日本ハム・西崎幸広も盛んに比較されたライバルだった。

亜細亜大から入団した左腕・阿波野はルーキーイヤーの1987年に15勝、201奪三振で新人王。愛知工大から入団した右腕・西崎も15勝を挙げたが、新人王には選出されなかった。爽やかなルックスで「トレンディエース」と呼ばれ、以後、何かと阿波野と比較されることになる。

阿波野は1989年、19勝で最多勝に輝き、リーグ優勝に大きく貢献。翌90年も2桁勝利をマークしたが、故障もあって1989年ドラフト1位で入団した野茂英雄と入れ替わるように低迷した。その後、巨人、横浜と移籍したもののプロ通算75勝どまりだった。

西崎は1988年に15勝で最多勝のタイトル獲得。西武に移籍し、2001年に引退するまで通算127勝をマークした。

阿波野秀幸と西崎幸広の年度別成績

 

激しく火花を散らした4年間はプロ野球界を大いに盛り上げた2人。プロ4年目までの通算勝利数がともに58勝だったのも偶然とは思えない。

激しく新人王を争った与田剛と佐々岡真司

投手同士で新人王を争い、甲乙つけがたい成績で議論を呼んだのが与田剛(現中日監督)と佐々岡真司(現広島監督)だ。

NTT東京からドラフト1位で中日に入団した与田は、150キロを超える速球と闘争心溢れる投球スタイルでルーキーイヤーからリリーフに抜擢された。当時のプロ野球最速だった157キロをマークするなど31セーブを挙げる活躍で新人王に輝いた。

NTT中国からドラフト1位で入団した佐々岡もルーキーイヤーから大車輪の働きを見せた。先発、抑えにフル回転し、13勝17セーブをマーク。与田との新人王争いには敗れたものの、強いインパクトを残した。

与田剛と佐々岡真司の年度別成績

 

与田は故障したため、2年目以降の成績では差がついたが、2020年から監督として再び相まみえることになった。両者の指揮官としての対決にも注目だ。

高校時代からのライバル・山岡泰輔と田口麗斗

一流投手はメジャー挑戦することが多い現在では、日本球界で激しく火花を散らすライバルはそう多くない。田中将大と斎藤佑樹、大谷翔平と藤浪晋太郎らは、本来ならもっとファンを楽しませてくれるライバルだったはずだ。

とはいえ、現役でそのような存在がいない訳ではない。オリックス・山岡泰輔と巨人・田口麗斗は高校時代からのライバルだ。

2013年高校野球選手権広島大会決勝。甲子園をかけた一戦は瀬戸内・山岡と広島新庄・田口の一歩も譲らぬ投手戦となった。山岡と田口はともに延長15回を完封して0-0で引き分け再試合となり、再び白熱の投手戦となった再試合で山岡が投げ勝ち、甲子園を決めた。

同年のドラフト3位で先にプロ入りした田口は2017年に13勝をマーク。ここまで通算31勝を挙げている。

一方の山岡は高校卒業後、東京ガスで社会人としてプレー。2016年ドラフト1位でオリックスに入団すると、2019年に13勝4敗で勝率第1位のタイトルを獲得した。ここまで通算28勝を挙げている。

昨年は中継ぎ登板の多かった田口も、今季は先発に復帰予定。リーグは違うが、2人が激しいつばぜり合いを見せてプロ野球界を盛り上げてほしいものだ。

山岡泰輔と田口麗斗の年度別成績

2020年プロ野球・オリックスバファローズ記事まとめ
2020年プロ野球・読売ジャイアンツ記事まとめ

おすすめの記事