「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ロッテが医療従事者に感謝のクラップ・フォー・ケアラーズ

2020 5/26 12:02SPAIA編集部
拍手を送る荻野貴司Ⓒ千葉ロッテマリーンズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒ千葉ロッテマリーンズ

6月19日開幕に向け、本格的な練習再開

プロ野球の開幕が6月19日に決まり、各球団とも動きが活発になってきた。ロッテは5月26日から本格的な練習を再開。井口資仁監督が見守る中、シート打撃等を行った。今週末にも紅白戦を行い、6月2日から練習試合が予定されている。

この日の練習前にはナインがマリンスタジアムに集合し、新型コロナウイルスの感染拡大に立ち向かう医療、介護従事者を始めとする方々に感謝と敬意を表して拍手を送る「クラップ・フォー・ケアラーズ」を実施。井口監督は「医療、介護従事者を始めとする関係者の方々、そして様々な方面でご尽力いただいた皆さまの努力とご理解により、プロ野球公式戦開幕日が決定したと思います。プロ野球界として、これらの方々に感謝と敬意を込めての拍手を送らせていただきました。開幕から突っ走っていけるように予防と体調管理を徹底しながら調整していきます」と意欲を新たにコメントした。

クラップ・フォー・ケアラーズは26日以降、12球団がチームスケジュールに合わせて実施する。

《関連記事》
輝かしい記憶と特別なグルーヴ感 2005年のロッテが語り継がれる理由
ロッテが「Zoomトレ」実施、withコロナ時代の練習方法
新型コロナでメディアの在り方も変わる?プロ野球広報の工夫と苦悩
安田尚憲はロッテの未来 覚醒の鍵は心の迷いを吹っ切ること
ロッテ・藤原恭大 打撃フォーム改造を機に急激な成長曲線を描け

おすすめの記事