「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【あんじょうきばりや】奈良県の野球強豪校5選

2016 8/26 04:36
高校野球試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

近年の奈良県の高校野球は、天理高校と智辯学園の戦いである。かつて「奈良御三家」と呼ばれていた一校の郡山高校、新興勢力の奈良大付属高校、古豪復活へ向う御所実業高校など強豪校が多く存在する。今回はこの5校を詳しく紹介する。

春夏合わせて甲子園に50回出場!天理高校

春23回、夏27回と奈良県で最も多く甲子園に出場しているのが天理高校だ。
天理高校は甲子園での優勝も春1回、夏2回あり、奈良県の高校野球をリードしている存在といえるだろう。2015年秋より、かつて近鉄バファローズなどでプレーした中村良二監督が就任。就任後すぐの秋季大会は準々決勝で平城高校に敗退したものの、2016年春季大会決勝戦では同年センバツ優勝の智弁学園をあと1歩まで追い詰めた。
卒業後はプロ野球へ進む選手も多く、南海ホークスなどで活躍した門田博光、2014年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズに1位指名された中村奨吾選手など20名以上がプロ野球の道へと進んでいる。

2016年のセンバツで初優勝!智辯学園

2016年のセンバツ大会で初優勝を果たした智辯学園も、奈良県の高校野球をリードする1校だ。
春10回、夏17回の甲子園出場は奈良県内では天理高校に次ぐ2番目の多さである。創部時期の違いから天理高校に甲子園出場回数で離されているが、対戦成績は悪くなく、1978年に奈良県が夏の大会で1県1代表制となって以降、奈良県大会決勝戦での天理高校との対戦成績は3勝3敗と互角の結果を残している。
2014年のドラフト会議で読売ジャイアンツに1位指名された岡本和真選手など、これまで16名の卒業生がプロ野球でプレーしている。

おすすめの記事