「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【おきばりやす!】京都府の野球強豪校5選

2016 8/26 13:36
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

京都の野球強豪校について興味がある方へ。
高校野球好きなら予選大会も楽しみたいですよね。
歴代の優勝経験校など、京都の強豪校をご紹介します。

なんといっても名門!龍谷大学付属平安高等学校

龍谷大学付属平安高等学校は、春夏合わせて通算73回の出場を誇る、甲子園の超常連校です。
通算出場回数は、堂々の全国ナンバー1(春の選抜もナンバー1です)。春と夏を合わせた通算の戦績は99勝69敗( .589)で、勝利数は中京大中京(愛知)の133勝に次ぐ、全国2位の成績です。
プロ野球選手もこれまでに60人輩出しており、京都の高校の中で、当然のようにもっとも多い数字となっています。代表的な選手は、代打の神様・桧山進次郎外野手(阪神、引退)や、フェンス際の魔術師・赤松真人外野手(阪神→広島)、デビュー戦でいきなり満塁ホームランを放った炭谷銀仁朗捕手(西部)などが挙げられます。夏の大会の地区予選でも注目の高校ですよ。

公立の雄!京都府立鳥羽高等学校

京都府立鳥羽高等学校は、明治33年の4月1日に京都府第二中学校として創立された、とても長い歴史のある公立校です。
大正4年に行われた、第一回の記念すべき全国中等学校優勝野球大会(現在の甲子園大会の前身)において、見事優勝という成績を修めています。プロ野球選手は3人輩出しており、その内の一人は現在もオリックス・バッファローズで活躍する平野佳寿投手です。
また、2000年には近沢昌志選手が、近鉄バッファローズから3位で指名されていますが、同年代の選手には、内川聖一選手(大分工)、摂津正投手(秋田経法大附)、中島裕之選手(伊丹北)、内海哲也投手(敦賀気比)、赤松真人選手(平安→立命大→阪神)、亀井善行選手(上宮太子)中田賢一投手(八幡)などそうそうたる顔触れがそろっています。

おすすめの記事