「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【飛騨美濃の精神】岐阜県の野球強豪校5選

2016 8/26 13:36
高校生,練習
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

岐阜県で有名な野球強豪校。各校ともに輝かしい経験と実績を持ち、素晴らしい監督のもと、日々練習し成長している。

岐阜県ナンバーワンの強豪校 岐阜県立岐阜商業高等学校

県岐阜商は多くの運動系部活動がインターハイに出場している歴史の古い高校で、特にスポーツ界に多彩な人材を輩出していることでも有名だ。特に野球部は甲子園の高校野球で春3回、夏1回の優勝経験がある。
甲子園では、2013年までに史上4位となる通算85勝(春46勝、夏39勝)を挙げ、他にも国体優勝等広く活躍し続けている。そのため県立の名門校でありながらメンバーの大多数を県内出身者が占めており、強豪の座を維持している。しばらく低迷期が続いていたが、近年はまた好成績を残している。

脅威の新星にして強豪校 大垣日本大学高等学校

2005年には東邦で38年間指導者を務め、優勝1回準優勝2回など輝かしい功績へとチームを導いたベテラン坂口慶三が、監督に就任した。2007年春に当時の希望枠で甲子園出場を果たすと、一気に決勝まで駆け上がり全国区の強豪へと成長した。
わずか8年間で春夏それぞれ3回の出場を果たし、通算13勝16敗は立派な軌跡であり、今では県岐阜商に対抗する勢力へと成長を遂げたのだ。柳川選手や戸田選手などの活躍、今夏の大会でも期待したい。

安定好成績の強豪校 岐阜市立岐阜商業高等学SP-1606-070校

通称は「市岐商」であり、県岐阜商と同校は全く別の高校だ。多くの部活動がインターハイ、国民体育大会などの全国大会に出場し活躍している。なかでも野球部は岐阜県内でも伝統校と呼ばれており、1976年、1991年、1903年と過去3回に渡って、夏の甲子園に出場を果たしている。
最近の実績としては、平成23年度秋季岐阜県高校野球大会で37年ぶり2回目の優勝、平成25年度第95回全国高校野球選手権岐阜大会でも準優勝している。

東濃地区の強豪校 岐阜県立土岐商業高等学校

1977年、2005年、2010年と甲子園に3度の出場を果たし、2013年には甲子園で初勝利を挙げた土岐商野球部は、シンプルでいて冷静で堅実、戦略的なプレーが持ち味のチームだ。昭和時代には、野球ファンなら知る人ぞ知る和田選手が在籍していた長年のライバル校でもあった県立岐阜商業との公式戦で、服部監督率いる土岐商野球部が勝利をつかんでいる。
番狂わせが起こったのは2015年だ。地区大会優勝候補だった土岐商が羽島北に逆転負けし、早くも姿を消すという結果となったのだ。この悔しさを胸に、夏の大会では頂点を目指してほしい。

岐阜県を代表する名門 中京高等学校

1973年の選抜で初出場を果たし、現在まで夏に5回、春にも5回甲子園へ出場している。2010年の新人王に輝いた榊原 諒(元オリックス)など有名なOBも多数輩出しており、現在もバイタリティー溢れる選手たちが在籍している。しかし甲子園出場は、2007年選抜を最後に遠ざかっていた。
そんな中、強豪と名高いNTT西日本で2011年まで監督を務め、名将と呼ばれた橋本哲也新監督が就任したのだ。中京はこの名将に率いられ、2季連続で東海大会への出場権を獲得するという功績を収め、古豪復活の兆しを見せている。

まとめ

選手たちの頑張りや監督の采配などは勿論だが、高校野球には常にドラマがあり、見ている私達にも感動を与えてくれる。それぞれが悔いの無いよう、精一杯プレーしてほしい。

おすすめの記事