「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

希望枠でベスト8、秋田商業高校野球部の歴史と甲子園での戦績

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

秋田県の高校野球強豪校、秋田商業。2004年春の甲子園に希望枠で出場して、ベスト8まで勝ち進んだ学校だ。2015年夏の甲子園でもベスト8に進出した。ここでは、秋田商業野球部の歴史や戦積、卒業選手について紹介する。

春の甲子園初出場でベスト4に進出

秋田市立秋田商業高等学校は、1920年(大正9年)の設立だ。野球部は1922年に創部された。甲子園出場は春が6回、夏が18回と都合24回を数える。
夏の大会の初出場は1925年(大正14年)の第11回大会と古く、秋田中学の独占を阻む形で出場した。残念ながら、この時は初戦で敦賀商業に4-5で敗れている。春の甲子園には1960年第32回大会が初出場だった。また、この出場は秋田県勢の春の甲子園初出場ともなり、初出場ながらベスト4まで勝ち進んだ。

2年連続で春夏同時出場を実現

春の甲子園に初出場となった1960年から翌1961年にかけて、2年連続して春夏同時出場を果たしている。
1960年の春の大会は2回戦から登場して、近畿代表大阪の阿倍野高校、準々決勝で関東代表神奈川県の慶應義塾高校に勝利するも、準決勝で中国代表鳥取県の米子東高校に敗れてのベスト4だった。翌61年は初戦で近畿代表京都の平安高校に敗れている。
夏の大会では、2年連続して初戦は突破するも、1960年は静岡県代表静岡高校に0-1、1961年は和歌山県代表桐蔭高校に、延長10回0-1でサヨナラ負けを喫した。

おすすめの記事