「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

希望枠でベスト8、秋田商業高校野球部の歴史と甲子園での戦績

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

秋田県の高校野球強豪校、秋田商業。2004年春の甲子園に希望枠で出場して、ベスト8まで勝ち進んだ学校だ。2015年夏の甲子園でもベスト8に進出した。ここでは、秋田商業野球部の歴史や戦積、卒業選手について紹介する。

春の甲子園初出場でベスト4に進出

秋田市立秋田商業高等学校は、1920年(大正9年)の設立だ。野球部は1922年に創部された。甲子園出場は春が6回、夏が18回と都合24回を数える。
夏の大会の初出場は1925年(大正14年)の第11回大会と古く、秋田中学の独占を阻む形で出場した。残念ながら、この時は初戦で敦賀商業に4-5で敗れている。春の甲子園には1960年第32回大会が初出場だった。また、この出場は秋田県勢の春の甲子園初出場ともなり、初出場ながらベスト4まで勝ち進んだ。

2年連続で春夏同時出場を実現

春の甲子園に初出場となった1960年から翌1961年にかけて、2年連続して春夏同時出場を果たしている。
1960年の春の大会は2回戦から登場して、近畿代表大阪の阿倍野高校、準々決勝で関東代表神奈川県の慶應義塾高校に勝利するも、準決勝で中国代表鳥取県の米子東高校に敗れてのベスト4だった。翌61年は初戦で近畿代表京都の平安高校に敗れている。
夏の大会では、2年連続して初戦は突破するも、1960年は静岡県代表静岡高校に0-1、1961年は和歌山県代表桐蔭高校に、延長10回0-1でサヨナラ負けを喫した。

シドニーオリンピックにも出場した79回夏代表石川雅規投手

1997年第79回夏の甲子園には、東京ヤクルトスワローズで活躍する石川雅規投手、現秋田商業野球部監督の太田直捕手とのバッテリーで、17年ぶり11回目の出場を果たした。
1回戦の島根県代表浜田高校戦では2点ビハインドの9回裏、一挙3点を奪って逆転勝ちを収める。しかし、2回戦の沖縄代表浦添商業戦では猛攻をかわし切れず4-8で敗れてしまった。石川投手はその後青山学院に進学、エースとして活躍し、2000年のシドニーオリンピックにも出場している。

希望枠での出場もベスト8に進出

2004年にも第76回春の甲子園と、86回夏の甲子園への同時出場を果たす。24年ぶり4回目となった春の大会へは、希望枠での出場だった。希望枠は選考補欠校に希望を与える目的で、75回大会?80回大会で実施された制度だ。
しかし、1回戦四国代表徳島県の鳴門工業を10-0の大差で破ると、2回戦では関東代表山梨県の甲府工業に3-0で勝つ。準々決勝では東海代表愛知県の愛工大名電高校に1-7で破れるが、堂々のベスト8進出だった。2年ぶり14回目となった夏の大会では、愛媛県代表斉美高校に初戦で敗れている。

2015年夏の甲子園は三振の山を築きベスト8に進出

2015年第97回の夏の甲子園には、エースに現千葉ロッテマリーンズの成田翔投手を擁し、2年ぶり18回目の出場を果たした。
初戦となった2回戦では、佐賀県代表龍谷高と対戦して16三振を奪い、3-1で勝利をおさめる。3回戦は群馬県代表健大高崎高と対戦、延長10回4-3で逃げ切り、準々決勝にコマを進めた。準々決勝では宮城県代表仙台育英に6-3で破れるが、ベスト8進出は秋田商業としては、第21回大会以来の快挙だった。
この大会成田投手は3試合で30三振を奪い注目される。秋に行われたドラフトで千葉ロッテマリーンズに指名され入団した。

まとめ

秋田県の甲子園常連校秋田商業野球部の歴史や甲子園での成績、卒業選手に関して紹介した。春の甲子園は東北枠1校の時代が長く、秋田県勢の出場は第32回大会の秋田商業までなかった。春の甲子園では秋田商業の歴史が秋田県の歴史だともいえる。これからも出場回数を伸ばしてほしい。

関連記事

おすすめの記事