「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鹿児島県高校野球御三家、鹿児島実業高校野球部の歴史と戦積

2017 3/22 18:28hiiragi
野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

鹿児島県の甲子園常連校、鹿児島実業。春には一度優勝経験もあり、最近では2016年春の大会に元気な姿を見せてくれた。ここでは鹿児島実業野球部の歴史や、甲子園での成績、卒業選手など紹介する。

2015年夏、2016年春の甲子園に出場

鹿児島実業高校は、創設は1916年(大正5年)の鹿児島県鹿児島市にある私立高校だ。部活動にも力を入れており、野球部、陸上部、サッカー部は全国的に知名度がある。
野球部は夏の甲子園18回、春の甲子園9回都合17回の出場を誇り、1996年第68回春の大会では優勝経験もある。また、第80回夏の大会では杉内俊哉投手(現読売ジャイアンツ)によるノーヒットノーランも達成している。最近では2015年に夏の甲子園に、2016年には春の甲子園に出場した。

春の大会で初出場初勝利

初めての甲子園出場は、1961年の第43回夏の大会だ。1回戦で愛知県代表中京商業と対戦して0-5で敗れている。春の大会には1972年の第44回大会が初出場となった。
1回戦は茨城県代表取手一高と対戦して3-0で勝利を収める。この勝利が甲子園での初勝利となった。しかし、2回戦では千葉県代表銚子商業と対戦、3-2で敗れている。春は、初出場で初勝利を挙げるものの、夏の大会には1966年、1973年と出場するが、なかなか勝利は挙げられなかった。

おすすめの記事