「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

2017春の選抜高校野球出場校レビュー~北海道・東北・21世紀枠~

2017 2/14 09:57cut
baseball,school
このエントリーをはてなブックマークに追加

札幌第一高校(北海道/2年連続2回目)

札幌第一高校(北海道)が2年連続2回目の出場を果たしました。札幌第一は秋季北海道大会を2015年に引き続き2016年も制し二連覇を達成。北海道大会で2016年夏の選手権大会で準優勝を果たした北海高校、クラーク国際高校が揃って地区予選で敗退する波乱含みの様相でした。その中で春の選抜に出場していた札幌第一は新チームになっても力が衰えること無く順調に勝ち進み、準決勝で遠軽高校を18-2、決勝で札幌日大高校を8-2と大差で下しています。

北海道王者として臨んだ明治神宮大会では宇部鴻城高校(山口県)にサヨナラ勝ちするも準決勝で履正社高校(大阪府)に2-7で完敗。全国レベルの強さを肌で感じました。中心選手は左腕エースの冨樫颯大選手です。中学生時代に全国制覇の経験もある実力派ではる冨樫選手。ストレートの球速は130キロ台と昨今の高校生にしては速くないが緩急とコントロールで打者を打ち取ります。速球派がもてはやされる中、軟投派として甲子園に挑む冨樫選手。昨春、一回戦敗退のリベンジを目指します。

仙台育英高校(宮城県/2年ぶり12回目)

仙台育英高校(宮城県)が平沢大河選手(現ロッテ)、佐藤世那選手(現オリックス)を擁して出場した2015年以来2年ぶりの選抜切符を獲得しました。秋季宮城県大会を制し出場した東北大会。初戦で角館高校(秋田県)を7-1で下し、続く準々決勝では甲子園の常連校でもある八戸学院光星高校(青森県)を6-0で一蹴します。準決勝では聖光学院高校(福島県)に先制を許すも3-1と逆転勝利。決勝で盛岡大付属高校(岩手県)を6-2でくだし東北王者となりました。甲子園常連校との連戦が続き、楽ではない戦いが多かったものの地力の差で勝ち進んできたのです。

明治神宮大会では初戦で履正社高校(大阪府)と対戦。終始ペースを握られ1-5と初戦敗退を喫します。点差が開いた終盤からはベンチ入り選手を次々に起用。選手に経験を積ませる采配をした佐々木順一朗監督の目は甲子園に向けられているのでしょう。

プロ注目の選手としては遊撃手の西巻賢二選手、エースの長谷川拓帆選手がいます。西巻選手は平沢選手が「センスの塊」と表現しているほどの大物選手です。遊撃手とエースが注目されるのは平沢選手の世代と同じです。夏の甲子園で準優勝を果たした快進撃に期待です。

おすすめの記事