「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

男子柔道全日本監督、井上康生の功績を振り返る

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://biz-journal.jp/

現在、全日本男子柔道の監督を務めている井上康生氏は、選手時代においても存在感抜群のスター選手だった。 井上康生「選手」と「監督」の功績を振り返っていきたいと思う。

幼いころから柔道に魅入られて

宮崎県出身の井上選手は、幼い頃から柔道の道を歩むことになる。父親が柔道五段という実力者ということもあり、その背中を追いかける形で柔道を始めた井上選手は、周囲が驚くほどの成長を遂げるようになり、若くして将来を嘱望されるようになっていった。
大学は柔道の名門である東海大学に進学して着実に実績を積み上げ、1999年に世界選手権で金メダルを獲得するなど、名実ともに世界トップクラスの選手となったのだ。

シドニーで感動の金メダル

2000年にシドニーオリンピックの代表に選出された井上選手は、前年に亡くなった母親のために結果を残そうと奮闘することになる。
幼少期から自分の柔道を見守って支えてくれた母親のために闘った井上選手は、見事に優勝を成し遂げ、金メダルを獲得。表彰の席で母親の遺影を掲げ、その結果を報告した。 このシーンは日本人だけではなく、世界中の人々の感動を誘うことになり、今でも柔道界の名シーンとして刻まれている。

おすすめの記事