「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

男子柔道全日本監督、井上康生の功績を振り返る

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://biz-journal.jp/

現在、全日本男子柔道の監督を務めている井上康生氏は、選手時代においても存在感抜群のスター選手だった。 井上康生「選手」と「監督」の功績を振り返っていきたいと思う。

幼いころから柔道に魅入られて

宮崎県出身の井上選手は、幼い頃から柔道の道を歩むことになる。父親が柔道五段という実力者ということもあり、その背中を追いかける形で柔道を始めた井上選手は、周囲が驚くほどの成長を遂げるようになり、若くして将来を嘱望されるようになっていった。
大学は柔道の名門である東海大学に進学して着実に実績を積み上げ、1999年に世界選手権で金メダルを獲得するなど、名実ともに世界トップクラスの選手となったのだ。

シドニーで感動の金メダル

2000年にシドニーオリンピックの代表に選出された井上選手は、前年に亡くなった母親のために結果を残そうと奮闘することになる。
幼少期から自分の柔道を見守って支えてくれた母親のために闘った井上選手は、見事に優勝を成し遂げ、金メダルを獲得。表彰の席で母親の遺影を掲げ、その結果を報告した。 このシーンは日本人だけではなく、世界中の人々の感動を誘うことになり、今でも柔道界の名シーンとして刻まれている。

アテネでの苦しみと不振

2001年に自身が目標にしていた篠原信一氏に勝利するなど相変わらずの強さを誇った井上選手は、2004年のアテネオリンピックの代表にも100kg級で選出されることになる。 しかし、主将として活躍が期待された井上選手はメダルに届かず、他の選手が大活躍した中で苦しい結果に終わった。
その後は不振に苦しんだ井上選手は2008年の北京オリンピックで雪辱を目指すも、金メダルを獲得することになる石井慧氏に代表を明け渡すことになり、その目標は叶わなかった。

指導者の道へ

2008年に北京オリンピック代表を逃した井上選手は、現役を引退して指導者への道を目指していくことになる。 スコットランドに2年間派遣されるなど、国際的な視野を持った指導者になることを期待された井上氏は、その期待に応えるように指導面でも才覚を発揮するようになる。
2011年に自身が過ごした東海大学の講師兼副監督に就任し、全日本のコーチも歴任するようになるなど、柔道界は引退後の井上氏にも大きな期待を寄せ続けたのだ。

監督として男子柔道復活に貢献

順調に指導者としての道を歩んできた井上氏だったが、2012年にはロンドンオリンピックで金メダル無しに終わった全日本男子の復活を期待され、監督就任を要請されることになる。
歴代でも類を見ない大仕事となったのだが、積極的なコミュニケーション、科学的トレーニングや他の格闘技の研究といった、これまでにない試みで選手の強化に努めた井上監督は、2016年のリオオリンピックで全階級メダル獲得、金メダル2個と、見事全日本男子を復活させることに成功する。
選手、監督両方の立場で結果を残した井上監督は、今後も柔道界を背負って闘っていくことになるだろう。

まとめ

今年はリオオリンピックの年ということもあり、監督して大きな才覚を見せたことが記憶に新しいという方も多いのではないだろうか。 次の東京オリンピックは非常に重要な大会になるので、井上監督の頑張りに大いに期待したい。

関連記事

おすすめの記事