「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柔道選手、瀧本誠の功績を振り返る

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.kakugo.tv/

瀧本誠選手は、柔道選手ではなかなか見られなかった茶髪の風貌やユーモアあふれる語り口で「柔道界の異端児」として注目を浴びた。 そんな瀧本選手の功績を振り返っていきたいと思う。

きっかけは偶然

瀧本選手は6歳の時に柔道を始めることになるのだが、ご両親は柔道に縁があったというわけではなく、瀧本選手自身も柔道を始めようと思ってはいなかった。
しかし、青果店を経営していたご両親のもとに顧客として訪れた柔道の先生と出会ったことで、瀧本選手の柔道への道が開くことになったのだ。 これが将来の柔道日本代表及び金メダリストの誕生に繋がっていくのだから、偶然から非常に大きな結果が生まれたことに驚きを覚える。

異端児の金メダル

中学時代に上京して本格的に柔道に取り組むようになった瀧本選手は、しっかりと実績を積み上げていき、2000年のシドニーオリンピックの81kg級代表に選出された。
当時からその異端ぶりで大いに注目を集めていた瀧本選手だったが、実力は格別なものがあり、本大会でも変わらない強さを見せつけて金メダルを獲得することになったのだ。 異端児の金メダルは、その結果と相まって、柔道ファンを大きく沸かせるものになった。

おすすめの記事