「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ボブスレーのルールとは?

2017 2/9 09:26
ボブスレー オリンピック
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: Daniel Huerlimann-BEELDE / Shutterstock, Inc.

冬季オリンピックにも採用されているボブスレー。 しかし、日本人メダリストが過去に存在しないこともあってか、なんとなく、形は知っていてもどのような競技なのか、どうやって選手が競っているのか、ということはあまり日本では知られていません。 今回はボブスレーのルールについて説明します。

そもそもボブスレーとは?

ボブスレーは氷上のF1とも評されるように、最高速度130km/h~140km/hで専用のソリに乗ってコースを滑走し、そのタイムを競う競技です。 元々はソリ遊びを起源としており、スイスのアルプス地方で発達したといわれています。 そのスピードと迫力が最大の魅力とされ、冬季オリンピックでは1924年の第1回大会から正式種目に採用されています。 オリンピックでは、当初は男子のみの競技でしたが2002年のソルトレイクシティー大会より、女子の競技も正式種目に追加されました。

オリンピック種目にはどういった競技があるのか。

現在、オリンピックには、男子二人乗り、男子四人乗り、女子二人乗りが正式種目として採用されています。 2日にわたって競技は行われ、全長約1300mのコースを4回滑走し、そのタイムで順位を競います。 スタートと同時にソリを押して勢いをつけ、選手が全員乗り込み(この時点で1人でも乗り込めなかった選手がいた場合は、当該チームは失格となります。)、先頭のドライバーがハンドルを操作して滑走します。 当然、総重量が重い方が加速度が増して有利になるため、それぞれの種目にあった、(ソリを含めた)総重量が規定されています。

おすすめの記事