「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

映画「クール・ランニング」とボブスレージャマイカ代表

2017 2/9 18:26
ボブスレー ジャマイカ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Iurii Osadchi / Shutterstock, Inc.

日本人にとっては馴染みの薄いスポーツであるボブスレー。 ボブスレーを描いて大ヒットした映画があるのをご存知だろうか? 「クール・ランニング」という映画で日本では1994年に公開になった。 今回はこの映画で有名になったボブスレー・ジャマイカ代表を取り上げてみたいと思う。

そもそもボブスレーとは?

ボブスレーは1924年の第1回シャモニー・モンブラン大会からオリンピックの競技種目に採用されている。 1台のソリに2人または4人が乗り込み、コースを滑走し、そのタイムを競う競技だ。 スタートすると選手はソリを押し、加速をつけてタイミングよくソリに乗り込む。この際の加速が勝敗を大きく分ける結果になる。
その上でドライバーがハンドルを操作する。この加速・ハンドル操作と、ソリの性能そのものが勝敗に大きな影響を与える競技だ。

「クール・ランニング」の概要

クール・ランニングは、南国ジャマイカのボブスレーの男子4人組チームが、1988年のカルガリーオリンピックに出場した際の実話を基にして、作成されたスポーツ映画かつコメディー映画だ。
そもそも雪が降らない南国の選手が雪国のスポーツであるボブスレーに挑むという意外性、そして、その中でも彼らのソウルミュージックであるレゲエを忘れずに結束を強め、最後には感動を呼ぶ姿が話題を呼ぶこととなり、映画は大ヒットした。

おすすめの記事