「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

リュージュ・ボブスレー・スケルトンの違いについて

2017 2/9 09:26
ボブスレー リュージュ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Martynova Anna / Shutterstock, Inc.

リュージュとボブスレー、スケルトン……なんとなくオリンピック競技だということは知っているけれど、その違いはわからない。 そもそも、やったことも見たこともない。そんな人が多いと思います。 今回は、似ているようで実は違う3つの競技の違いを解説します。

3種目共に今では冬季オリンピックの正式種目!

ボブスレーは1924年の第1回大会(シャモニー・モンブラン大会)から、スケルトンは1928年の第2回大会(サンモリッツ大会)から、リュージュは1964年の第9回大会(インスブルック大会)から、冬季オリンピックの正式競技に採用されています。
3競技とも、元々はソリ遊びだったものが、違った形で進化したものであり、いずれも強豪国はヨーロッパに集中しています。日本ではなじみのない競技であり、残念ながら日本人選手はいずれの競技においてもメダル獲得に至ったことはありません。

リュージュとは?

JOCのホームページによれば、リュージュとはフランス語で「木ソリ」を意味します。元々は重い荷物を運搬するためのソリでしたが、スイスでスポーツ化されました。
1879年にはスイスのダボスに専用コースが作られ、1881年に競技会が開催されています。スイス発祥のスポーツだけあって、現在でもスイスはリュージュの強豪国です。この競技の最大の特徴は、ほぼ生身の人間が、足首だけを使って、氷上を非常に高スピードで走り抜けていくというところです。

おすすめの記事