「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レスリング界に名を刻む吉田沙保里選手の功績

2016 10/24 19:31
レスリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 www.asahi.com

霊長類最強女子と呼ばれ、レスリングをメジャー級の人気にまで押し上げた第一人者・吉田沙保里選手。 そんな吉田沙保里選手の数々の逸話や歴史をまとめてみた。

霊長類最強女子・吉田沙保里

霊長類最強女子と呼ばれる吉田沙保里選手は、オリンピックの時にしか注目されていなかったレスリングという競技をメジャーにした選手だ。
自宅でレスリング道場を開いていた元レスリング選手である父の吉田栄勝さんの指導で、3歳からレスリングを始めたという吉田沙保里選手。母の幸代さんはテニスの元国体選手であり、兄2人もレスリング経験者というスポーツ一家に生まれた。中学時代には左腕を骨折した状態で大会に出場して優勝したという逸話も持っている。

異例の強さを見せる吉田沙保里

2001年の全日本学生選手権決勝で山本聖子選手に負けて以来、個人戦ではリオデジャネイロオリンピック決勝まで負けがなく、アテネ・北京・ロンドンのオリンピック3大会連続金メダルを獲得し、世界選手権10連覇を加えて、13大会連続優勝を達成した。
この記録はギネス世界記録にも認定され、女子スポーツ界では高橋尚子・FIFA女子ワールドカップ日本女子代表に次いで3例目の国民栄誉賞も授与された。その後も、世界選手権の連覇記録は更新し、2016年8月現在では13連覇となっている。

おすすめの記事