「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レスリングでの「階級」とは?

2016 10/12 03:34
レスリング
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Roka Pics/Shutterstock.com

諦めず立ち向かう姿が胸を打つ「レスリング」。 選手たちはマットに立つ前、まず階級という舞台に上がる。 今回はその「階級」とはどのようなものかをご説明する。

レスリングに階級がある理由とその起源

レスリングには、「階級制で行われ、既定の体重以内の選手によって争われる」というルールがあり、階級はこのルールに則って分けられている。このルールの目的は、体重の近い者同士を対戦させることにより、体重によるハンデキャップを解消させることにある。
この「体重別階級」は、19世紀の後半、無差別級のみで行われていたボクシングがヘビー級とライト級とに分かれたことから始まる。階級は次第に細分化され、ボクシングと同様にオリンピック種目だったレスリングも採用することとなったのだ。

どのような階級があるのか?階級の種類

レスリングの競技形式には、腰から下の攻防が禁止される「グレコローマンスタイル」と、全身が攻防に用いられる「フリースタイル」の2種類があり、それぞれに階級が設けられている。 「グレコローマンスタイル」は男子のみ公式競技が行われており、階級は、59、66、75、85、98、130kg級の6つだ。「フリースタイル」は、男子では、57、65、74、86、97、125kg級、女子では、48、53、58、63、69、75kg級の、それぞれ6階級がある。
なお、オリンピック以外の世界選手権などでは、これに各2階級ずつ加わり、それぞれ8階級で実施される。

おすすめの記事