「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【解説】テニス・ウィンブルドン選手権の優勝回数が多い選手とは?

2017 7/10 10:01dada
ロジャー・フェデラー選手
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Leonard Zhukovsky/Shutterstock.com

ここではウィンブルドンで優勝回数の多い選手や注目すべき選手について紹介していきます。 また、これまでの実績やプレースタイルについても触れていきます! 「観戦時に誰に注目すればよいかわからない」という方は、ぜひご覧ください。

安定のノバク・ジョコビッチ!

ノバク・ジョコビッチ選手は、2011年、2014年、2015年と3回ウィンブルドンを制しており、世界ランキングも常に上位。ウィンブルドンでは間違いなく優勝候補に挙げられる選手の1人です。
どんな場面でもボールを打ち返すことができ、ストローク力も他の追随を許しません。打ち返した後も、すぐに次のストロークへと準備を開始し、コートを広くカバーすることができます。これは柔軟かつ屈強な足腰から生まれるもので、日々のトレーニングの賜物でしょう。

重いショット!アンディ・マレー

アンディ・マレー選手は、2013年と2016年の2回ウィンブルドンを制しています。2016年にはオリンピックの連覇も成し遂げており、充実のシーズンとなりました。前述のジョコビッチ選手とは同い年で、常にタイトル争いをしてきた間柄です。
アンディ・マレー選手はそれほど鋭いショットを打ちはしませんが、1つ1つの返しには甘えがありません。ラケットを横に振ることで芯をとらえたボールを放つことができます。派手さはありませんが、芯をとらえたボールは重く、相手をじわじわと追い詰めることができています。

おすすめの記事