「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オリンピック競技卓球の出場資格とは

2016 10/27 18:11
卓球 画像番号:49372882
このエントリーをはてなブックマークに追加

リオ五輪日本卓球出場選手

2016年にブラジルで開催されたリオオリンピックでは、「愛ちゃん」の名で親しまれている福原愛選手が4大会連続出場という快挙を達成しました。15歳で初出場した2004年アテネオリンピックが最初です。 まさにベテランとして日本卓球代表を牽引する選手ですね。個人でのメダルとはなりませんでしたが、団体で銅メダルを獲得する大活躍をみせてくれました。2020年の東京五輪への出場も期待したいところです。

注目の日本卓球若手選手!

福原愛選手の他にリオ五輪の代表に選ばれた女子選手は、石川佳純選手と伊藤美誠選手は東京オリンピックでの活躍も期待されます。男子は水谷隼選手、丹羽孝希選手、吉村真晴選手、この3人が日本史上初の男子卓球にメダルをもたらしてくれました。若い選手も多く、今後の日本卓球を福原選手のように引っ張っていく選手になり、東京オリンピッックでの活躍も期待したいですね。

最大のライバルは卓球王国中国!

常にトップを独走するのは中国。国が強化に取り組むということだけあり、その強力さはメダルの保有数で明らかです。正式種目になってから卓球の金メダルは28個。28個中24個が中国が獲得しています。日本が初めてメダルを獲得したのは2012年のロンドン五輪団体戦。日本卓球史上初快挙に日本中が歓喜しました。次に期待されるのは悲願の初の金メダル獲得です。東京五輪で実現したら感慨もひとしおです。期待をせずにはいられません。

まとめ

いかがでしたか?出場資格に年齢制限がないことから10代~20代後半までの年齢層の選手が完全に実力で代表選手に選ばれる卓球。東京五輪を控える卓球からますます目が離せません。

おすすめの記事