「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

テニスとの違いは?初心者でも分かる卓球の基本ルール

2016 12/9 12:03
卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Mike Orlov / Shutterstock.com

英語でテーブルテニスと言われる卓球。小さな卓球台で行われますが、テニスのような相手との激しい駆け引きだけでなく、細かい技術も満載のスポーツです。今回はそんな卓球について初心者の方も安心の基本ルールをご紹介します。

机上のテニス・卓球とは?

卓球とは、ネットで2つに分けられた台を挟んで、ラケットでボールを打ち合う球技です。英語で「テーブルテニス」と言われるように、元々は屋内で競技できるテニスとして生まれました。
2人でボールを打ち合うだけの単純なルールであるうえに、卓球台、ラケット、ボールさえあれば成立するため、娯楽としても多くの人々に楽しまれている球技です。
一方、スポーツとしては、小さなフィールドながらもスピードのある打球や、回転をかけた変化球を駆使した激しいラリーの応酬など、高レベルのプレーが繰り広げられます。

卓球の基本的なルールは?

卓球のルールといっても、基本的には2人でボールをラケットで打ち合うだけです。
ラケットの持ち方は「ペンホルダー」「シェークハンド」の2種類があります。ひと昔前までは卓球といえばペンホルダーのイメージが強かったのですが、利き手とは逆方向の「バック」が打ちにくいなどの欠点があるため、現在ではシェークハンドが主流となっています。
試合は一方のプレイヤーによるサービスから始まり、相手の打球が自分のコート上で2バウンドするまでに、相手コート上に返球します。このようなプレーを繰り返し行い、相手が自分のコート上に返球できなければ得点となります。そして決められたポイントまで得点を重ねれば勝利となります。

おすすめの記事