「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

もし卓球で日本が金メダルをとったらどうなる?

2016 10/17 10:21
オリンピック 卓球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by CHEN WS / Shutterstock.com

日本はオリンピック卓球競技において長い歴史がありますが、金メダルの獲得は惜しくも一度もありませんでした。そんな卓球界において、もし金メダルをとった時どんなことが考えられるか?をいろいろと想像しお届けします。

オリンピックでの卓球競技について

そもそもオリンピックでの卓球競技の始まりは1988年のソウルオリンピックからで、男女ともにダブルス、シングルスで奮闘していましたが、日本はなかなか良い成績は得られず、メダル獲得数はゼロでした。しかも圧倒的に中国が強いという状況が続きました。金メダルは断トツ1位で中国が獲得していて、他国はその足元にも及びません。
日本は銀メダルを1度だけ獲得したことがありますが、金メダルはとったことがないという状況です。

卓球で金メダルをとるには

なんといっても中国選手の対策をすることです。ランク上位選手の癖や球の動きなどをよく見て日本のペースに持ち込めばこちらのもの。今まで日本は卓球競技においてオリンピックでは金メダルを獲得したことがないと言いましたが、金メダル獲得数1位の卓球強豪国中国をマークし、相手の弱点をとにかくつくことが一番です。
過去オリンピックの北京、ロンドンでも金メダルを獲得した中国。その強さは伝統的なもので、世界ランク上位の選手が中国には揃っています。
日本はその上位選手を意識して練習に励んでいて、次のオリンピックに対してのイメージトレーニングなども各個人で行っています。

おすすめの記事