「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

四国地方の水泳強豪校を紹介!

2017 2/16 10:10
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Microgen/Shutterstock.com

四国地方はオリンピック水泳選手の柴田亜衣さん、田渕晋さんを輩出しています。 今回はそんな四国地方の水泳強豪高校について、校風やクラブの実績と共にご紹介いたします。

インターハイでも活躍「松山北高等学校」

愛媛県松山市の松山北高等学校は、愛媛大学や松山大学などが集まる松山市内の文教地区に校舎があり、平成28年で創立116年を迎える伝統校で、大学進学率の高い学校です。年間を通し、体育大会、文化祭などのほか、城山回廊探索、北斗林作業、職場訪問といった独自の学校行事もあります。
平成6年にはプールが新築されており、水泳部の活動も活発に行われています。平成28年度は四国総体400mフリーリレー優勝や、インターハイや国体にも複数名が出場を果たしています。

県内ランキング上位選手を多数輩出「香川県立高松工芸高等学校」

香川県高松市の香川県立高松工芸高等学校は、全日制課程と定時制課程がある高校で、工芸展、芸術鑑賞、体育祭などの年間行事も行われています。全日の学科は工芸、デザイン、機械、工業化学、建築、電気、美術で、3年次には進学組も設置されています。定時制の学科は機械、建築、インテリアで、全日制、定時制ともに部活動は活発に行われています。
平成28年度の水泳部の成績は競泳部門で県高校総体男子総合1位、女子総合2位、四国高校総でも男子総合2位の成績を残しました。

おすすめの記事