「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

九州地方の水泳強豪校を紹介!

2017 2/16 10:10
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by BrunoRosa/Shutterstock.com

リオ五輪に出場した松田丈志選手、坂井聖人選手、渡辺一平選手をはじめ、多くのオリンピック出場選手を輩出している九州地方の水泳強豪校。 ここでは、それらの高校について校風や実績などを調べてみました。

あの五輪メダリストも在籍していた「九州産業大学付属九州高等学校」

福岡市の九州産業大学付属九州高等学校は、スーパー特進クラスなどがある普通科と、陶芸室など高校としては全国有数の施設や設備を持つ造形芸術科がある学校です。アジア交流、校誌九州の発行、朝読書などが行われているのも学校の特色です。部活動も活発で、全国や世界レベルの実績を出すクラブもあります。
水泳部は年間を通して温水の室内プールで練習しており、平成27年度のインターハイには男女合わせて23名が出場、国体には12名が出場して上位の成績を収めています。この高校はオリンピックのメダリストとなった鈴木聡美さんを輩出しています。

30年連続インターハイ出場の実力「東福岡高等学校」

福岡市の東福岡高等学校は、JR博多駅から徒歩圏内にある男子校で、指導は大学進学に重点が置かれ、進学率の高い学校です。また、部活動も盛んに行われています。スポーツ名門校でもあり、全面人工芝グラウンドをはじめ、野外プール、テニスコート、体育館兼講堂など設備も整っています。
水泳部は2016年全九州新人大会男子総合優勝、県高校春季選抜選手権水泳競技大会男子総合2位、全九州大会男子総合3位を始め、国体出場や、30年連続でインターハイへの出場も果たしています。この高校はロンドン五輪に出場した石橋千彰さんを輩出しています。

おすすめの記事