「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中国地方の水泳強豪校を紹介!

2017 2/16 10:10
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Suzanne Tucker/Shutterstock.com

鳥取、島根、岡山、広島、山口の5つ県からなる中国地方。 それぞれの県において水泳強豪高校とされている高校について、校風や実績などと共に調べてみました。

高校総体でも実力発揮「米子北高等学校」

鳥取県米子市の米子北高等学校は、普通科と看護科がある私立の男女共学校です。普通科の中に普通コース、進学コース、特進コースがあり、看護科卒業後は看護師免許取得の国家試験受験資格を得ることができます。特色のある教育として総合学習の時間sky、朝の読書、土曜特別講習、基礎学力強化セミナーが行われています。
この学校の水泳部は、平成28年度鳥取県高校総体の競泳競技において、女子は2年連続総合優勝、男子は総合3位の成績を収めています。中国大会では個人種目でインターハイ標準記録を突破し、インターハイへの出場を決めています。

全国高専体育大会での大会新を持つ「松江工業高等専門学校」

島根県松江市の松江工業高等専門学校は、1964年に創設された約50年の歴史がある学校です。機械工学科、電気情報工学科など5年制の本科が5学科と、高専本科の卒業者が進学する2年制専攻科2専攻が設置されており、ロボカップ2015への参加や海外研修なども行われています。
体育部は平成28年度で20部あり、水泳部は屋外プールで活動しています。2016年は島根県高校総体において男子総合優勝して3連覇を果たし、全国高専体育大会では準優勝の成績を残しています。

おすすめの記事