「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

東海地方の水泳の強豪高校を紹介!

2017 2/16 10:10
水泳
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Dana E. Fry/Shutterstock.com

水泳はプールなどの施設が重要となる。その中で東海地方における水泳の強豪高校は、私立のみならず公立高校の名前もあがっている。今回は東海地方の水泳の強豪高校をいくつか紹介しよう。

仏教の宗教教育!「豊川高校」

愛知県豊川市の私立高校で「川高」(かわこう)の名で親しまれており、宗教教育を一つの柱として敷地内に専用の座禅堂がある。
水泳部はサブプールもある屋内温水プール、専用部室、寮完備という恵まれた環境の中、全国制覇を掲げて練習に取り組んでおり、平成26年度のインターハイでは男子女子ともに総合優勝を果たしている。 男子400m個人メドレー日本記録保持者の堀畑裕也選手もこの高校の出身で、現在水泳部の顧問をしている。また、今井月選手は在学中にリオデジャネイロオリンピック出場を果たしている。

運動部が強い!岐阜県立「岐阜商業高等学校」

岐阜県岐阜市にある公立の商業高校で、プロ野球選手も多く輩出するなど、水泳部も含め多くの運動部が強いことで有名である。
水泳部の活動は毎日、場所は学校のプールまたは外部にて行っており、初心者であっても東海大会、全国大会出場を目標に頑張っている。平成28年度も男女共にインターハイ出場を果たしている。 アジアジュニア優勝の太田有恒選手を輩出し、バルセロナ・アトランタオリンピック入賞の糸井統選手は現在同校の教師を務めている。

おすすめの記事