「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲で勝った力士たちが受け取る懸賞とは?

2017 5/8 19:55まるちゃん
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Lia_t/Shutterstock.com

土俵で熱い戦いを制した力士が受けとる懸賞とはどのようなものだろうか。金額や作法にもそれぞれ意味がある。また、過去の懸賞にかかわる驚くべきエピソードも存在する。

大相撲で力士が受け取る懸賞とは

まずは力士の収入から紹介しよう。横綱や関脇など番付によってもらえる額は異なるが、大相撲の力士はなんと給料制だ。基本給だけではなく、サラリーマンと同じように、定期昇給やボーナスに当たる力士報奨金もある。そして、土俵で熱い戦いを制した力士たちが受けとる熨斗(のし)袋に入った懸賞。熨斗袋にはお金が包まれており、特別ボーナスのような意味を持つお金だ。
しかし、懸賞はどんな力士でも勝利すればもらえるわけではなく、賞金をかけるスポンサーがいてこそ受け取れるもの。そのため、強さはもちろん、力士としての人気や存在感も大切な要素となっている。

大相撲で力士が受け取る懸賞の金額とは

懸賞の金額は日本相撲協会で正式に決まっている。一口が62,000円(税込み)で、一場所15日ともなると930,000円(税込み)だ。
しかし、懸賞金のすべてを力士が受け取るわけではない。まず62,000円から、5,300円が日本相撲協会の事務手数料という名目で引かれる。そして残りの56,700円が力士の収入となる。しかし!懸賞の熨斗袋に56,700円が入ってるわけではない。実は勝利した力士が土俵で受け取る熨斗袋に入ってる金額は30,000円。残りの26,700円は、力士が納税するためのお金として力士の口座に振り込まれる。
このようになった背景としては、勝利に酔った力士が懸賞金をすべて使ってしまい、後から税金を払えないといったことを避けるためだ。

おすすめの記事