「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大相撲界のレジェンド ライバル選手対決

2017 4/12 21:06
大相撲
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 Yuka Tokano / Shutterstock.com

大相撲の歴史に残るレジェンドと呼ばれる力士、そしてそのレジェンドたちと戦い続けてきた長年のライバルたち。 相撲ファンの方も記憶に強く残る名勝負が数多くあるのではないだろうか。 大相撲界の歴代レジェンド大一番、そして力士を紹介する。

栃錦 VS 初代若乃花

戦後の最軽量横綱、「土俵の鬼」と呼ばれた初代若乃花関と、一度対戦相手のまわしに手をかけたら絶対に離さないマムシの栃錦関が活躍した時代は「栃若時代」とも呼ばれ、1950年代に大相撲界を熱狂させた。お二方とも、まさに大相撲界のレジェンドだ。
1959年の5月場所では、栃錦関が初日から14連勝しており、栃錦関の優勝を誰もが予想していたところに、若乃花関が白星、優勝決定戦に持ち込んで逆転優勝を収めるなど、お茶の間を沸かせた。
1960年には史上初となる横綱同士の14連勝同士での対戦。「相撲史上、世紀の対決」とも言われた。若乃花関、栃錦関は共に優勝回数10回、全勝優勝1回、24連勝を記録しており、これ以上のライバルは他にいないのではないかというほどだ。

貴乃花 VS 曙

1990年代の若貴フィーバーの最中、初土俵からわずか5年というスピード出世で横綱にまでかけあがった曙関。貴乃花関とは25勝25敗。完全なるライバル力士同士の戦いは、毎回息を飲むものがあった。
1993年には、貴乃花関、若乃花関、曙関の同期巴戦(ともえせん)が実現し、曙関はライバルである「若貴」に連勝を収めて優勝を手にした。あの時の緊張感と盛り上がりは、記憶に強く残っているという方も多いのではないだろうか。

おすすめの記事