「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

平昌でメダル量産か!オリンピックのスピードスケート競技を解説

2018 2/13 16:53hiiragi
Miho Takagi
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

1回勝負に変わり、スリリングになった男女500m

スピードスケートは1周400mのトラックを使って行われ、個人種目、マススタート、チームパシュートの3種目で男女合わせて14競技で争われる。

個人種目は男子が500m、1000m、1500m、5000m、10000m女子が500m、1000m、1500m、3000m、5000mに分けて行われ、インとアウトに分かれて2人1組でスタートを切り、タイムにより争われる。インとアウトの距離の差は交差区域で入れ替わることにより是正される。

カーブを2回しか回らない500mでは、スピードが乗った後にきついカーブを回るアウトコースが不利とされ、1998年長野オリンピックからインとアウト両方からスタートした合計タイムで争っていたが、平昌オリンピックからは、1回勝負に変更されよりスリリングな競技になった。

日本スピードスケートをリードした短距離500m

個人種目は距離により短距離と中距離、長距離に分かれるが、日本は過去の成績を見ても短距離で結果を残している。

全ての競技を通じて、冬季オリンピック初入賞となった1936年ガルミッシュ・パルテンキルヘンオリンピックでの、石原省三選手の4位入賞をはじめ、スピードスケート初メダルを獲得した1984年サラエボオリンピックの北沢欣浩選手の銀メダル、初の金メダル獲得となった1998年長野オリンピックの清水宏保選手など、全て500mで成し遂げた。

その他にも、1988年カルガリーオリンピックで銅メダルの黒岩彰選手や1994年リレハンメルオリンピック銅メダルの堀井学選手、長野オリンピック銅メダルの岡崎朋美選手など記憶に残る選手も多い。

中距離では、1992年アルベールビルオリンピックで橋本聖子選手が銅メダルを獲得し、長距離では、リレハンメルオリンピックで山本宏美選手が5000mで銅メダルを獲得した。

おすすめの記事