「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

知って楽しい!ブラジルのカンピオナート・ブラジレイロを徹底解説

2016 9/2 03:22
サッカー
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Susanna Hakobkyokhvyan/Shutterstock.com

ブラジルのカンピオナート・ブラジレイロについて興味を持った方へ。
欧州リーグほどメジャーではありませんが、時代背景やちょっとした情報を知っておきたいですよね?
今回はブラジルのカンピオナート・ブラジレイロの知っておきたい基本情報をご紹介します。

カンピオナート・ブラジレイロとは

カンピオナート・ブラジレイロは、ブラジルのサッカーリーグにおけるトップリーグです。今では日本でもこの名称を聞くことがありますが、ひと昔前はブラジル全国選手権と呼ばれていました。
1960年、南米サッカー連盟が主催する加盟国同士による大会であるリベルタドーレスカップが始まったことによって、ブラジル国内におけるトップクラブを決定するための「タッサ・ブラジル」というカップ戦が始まり、これがカンピオナート・ブラジレイロの起源と言われています。

カンピオナート・ブラジレイロのリーグ構成は?

カンピオナート・ブラジレイロのリーグ構成は、現在4部構成となっています。セリエA・セリエB・セリエC・セリエDからなり、セリエAがトップリーグです。セリエAというと、なんだか欧州リーグのクラブチームのような名前ですね。各リーグにはセリエAからセリエCに20クラブ、セリエDに40クラブが所属しており、総勢100ものクラブが、日々研鑽しています。
サッカーが盛んな国だけに、かなりのクラブチームが所属していますね。

セリエAのシーズンの試合形式はどのようになっている?

カンピオナート・ブラジレイロの4つのリーグのうち、トップリーグのセリエAのシーズンの試合形式は、現在20のクラブによるホーム・アンド・アウェー方式の2回戦総当たりのリーグ戦となっています。
ですので、各チーム全38試合を行うこととなります。2003年より前においては、今のリーグ戦形式を1回戦総当たりにしてプレーオフ出場チームを選出し、プレーオフ選出チーム同士におけるトーナメント形式の試合を行って優勝を決めていました。

まとめ

さて、今回はブラジルのカンピオナート・ブラジレイロについて、基本的な情報をご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか?
日本ではあまり取り上げられないリーグですが、かなりレベルが高いですので、観戦する価値は非常に高いです。

以上「知って楽しい!ブラジルのカンピオナート・ブラジレイロを徹底解説」でした。

関連記事

おすすめの記事