「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レアル再建を託されたソラーリ、ジダンの再来となるか

2018 11/21 07:00橘ナオヤ
ソラーリⒸゲッティイメージズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

Ⓒゲッティイメージズ

白い巨人の新指揮官はユースを率いたクラブOB

ヨーロッパ王者のレアル・マドリーは出だしこそ良かったものの、無得点記録の更新、ライバルFCバルセロナとの“クラシコ”での大敗と、シーズン前半戦で躓いてしまった。クラシコで大敗を喫したことでジューレン・ロペテギ監督を解任し、暫定的に下部組織を率いるクラブOBサンティアゴ・ソラーリを指揮官に据えた。

ジネディーヌ・ジダンやルイス・フィーゴらとともに「銀河系軍団」でプレーした彼は、現役引退後マドリーで指導者としてのキャリアをスタート。ユースでの指揮を経てトップチーム指揮官に昇進と、まさにジダンと同じ道をたどってきているソラーリ。マドリーのフロントも、ジダンが紡いだ物語の再来を期待しているのだろうか。

渡り歩いた現役時代

サンティアゴ・ソラーリは、リオネル・メッシと同じアルゼンチンのロサリオ出身。またメッシ同様イタリアにルーツを持つアルゼンチン人だ。

1996年にリーベル・プレートでプロデビュー。その後1998年にスペインのアトレティコ・マドリーに移籍するも、クラブの2部降格を機に宿敵レアル・マドリーに移籍した。

銀河系軍団と呼ばれた当時のマドリーでは控えめな存在だったが、サイドや中盤の広いポジションでプレーできるユーティリティ性とセクシーなルックスで、プレーと人気両面でクラブの力となった。5年間の在籍中、2度のリーガ優勝と1度のチャンピオンズリーグ優勝を経験。

その後イタリアのインテルナツィオナーレ・ミラノに移籍し、セリエA3連覇にも貢献した。インテル退団後いくつかのクラブをわたり、2011年にウルグアイでキャリアに幕を下ろした。

おすすめの記事