「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【岐路に立つ名GK】赤のダビド・デ・ヘアに伸びる白の手

2017 11/10 12:24dai06
ダビド・デ・ヘア
このエントリーをはてなブックマークに追加

スペインから生まれた天才的GK、ダビド・デ・ヘア

ダビド・デ・ヘア選手(以下、敬称略)は1990年11月7日生まれのスペイン人GKだ。出身地はマドリードで、地元クラブであるアトレティコ・マドリード(以下、アトレティコ)に10歳の時に入団。そこから着々とステップアップしていった。

トップチームにに名を連ねたのは、2009-10シーズンのことだった。当時のアトレティコにはセルヒオ・アセンホ選手(以下、敬称略)が正GKを務めていた。彼もまた若く優秀なGKで、U20のワールドカップに出場すべくチームを離脱していた。
代わりにロベルト・ヒメネス選手が彼が不在の間GKを務めることになるのだが、その控えとして呼ばれたのが、デ・ヘアだった。クラブにおけるデ・ヘアの出発地点は、控えの控えということになる。

しかしデ・ヘアは、ワールドカップ終了後のアセンホの不調により、レギュラーに抜擢される。そこで好プレーを連発し、遂にブレイクを果たした。UEFAスーパーカップでは、CL優勝クラブとして参加したインテルナツィオナーレ・ミラノ(以下、インテル)と対戦。ジョゼ・モウリーニョ監督(以下、敬称略)率いるインテルは、当時無類の強さを誇っていた。
だが、デ・ヘアはこのインテルのエース、ディエゴ・ミリート氏のPKをストップし、タイトル獲得に大いに貢献した。

それ以降、アトレティコの正GKといえば、デ・ヘアになった。

目を付けた赤い名門ユナイテッド

活躍を続けるデ・ヘアは、国内外多くのクラブから関心を寄せられるようになり、結果的にプレミアリーグの名門、マンチェスター・ユナイテッドFC(以下、ユナイテッド)への移籍が決定する。2011-12シーズン、デ・ヘアに新たなる挑戦が始まったのだ。

ユナイテッドにはサー・アレックス・ファーガソン氏(以下、敬称略)という名将がいる。彼はユナイテッドで長らく指揮を執っていたが、GKの獲得に関しては大いに悩んできた経緯がある。
かつてピーター・シュマイケル氏がユナイテッドの守護神として君臨していたが、その彼が退団した後、ファン・デル・サール氏という後継者を見つけ出すまでに多くの時間を要し、成績も不安定になった。
ファーガソンはこのことを苦々しく思っており、即戦力かつ長く使うことができるGKを探し求めていた。そのお眼鏡にかなったのは、当時シャルケ04に所属していたマヌエル・ノイアー選手(以下、敬称略)だった。

だが、このファーガソンの決定に異議を唱えた者がいた。それがユナイテッドのGKコーチであるエリック・スティール氏だった。彼はファーガソンに対し、ノイアーの素晴らしさを認めつつも、「3年経てばデ・ヘアがノイアーを超える」と説いた。結局ファーガソンはこの提案を受け入れ、デ・ヘアの獲得に踏み切ったのだった。

おすすめの記事