「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【タイムリミットはあと少し】リヤド・マフレズの挑戦と残された時間

2017 11/10 12:24dai06
リヤド・マフレズ
このエントリーをはてなブックマークに追加

マフレズの生まれとフランスでの日々

リヤド・マフレズ選手(以下、敬称略)は1991年2月21日生まれ。アルジェリア、フランス、モロッコという3ヵ国の国籍を所持している。

代表チームとして選んだのはアルジェリアだが、サッカーを始めたのはフランスのAASサルセルというクラブだった。ユースで技術を磨くと、2009-10シーズンにカンペールでプロデビューを果たす。
当時カンペールはフランスのアマチュアリーグ(フランスリーグの4部相当)に所属するクラブだったが、マフレズは1年の間に27試合に出場する。ゴールこそ積み重ねることはできなかったが、この頃からドリブルスキルには光るものがあった。

その後はル・アーヴルACの下部チームとトップチームでプレーする。2014年冬の移籍市場でレスター・シティFC(以下、レスター)に移籍するまで、トップチームでは60試合に出場した。

移籍で掴んだチャンスと残留目標のレスター

レスターへの移籍は、フランスで技術を磨いてきたマフレズにとっては、チャンスだった。ドリブルスキルだけでいえは、並大抵のものではなかったからだ。しかし、どうしても華奢に見えてしまうマフレズは、プレミアリーグの当たりの強さに勝てるかどうかが心配された。

だが、現実は違った。
マフレズ加入当初のレスターは、フットボールリーグ・チャンピオンシップ(イングランドリーグ2部相当)に所属していたが、プレミアリーグへの昇格に向けて大躍進を遂げていた。マフレズは波に乗るチームを支え、4月の時点でプレミアリーグへの昇格を確実なものにした。

2014-15シーズン、プレミアリーグで戦うことになったレスターは、プレミアリーグ残留を目標に戦うこととなった。これは昇格組にとっては当たり前のもので、いきなり優勝を狙おうなどとは思わないのが普通だ。ましてやレスターは小さなクラブ。2010年には経営難に陥るほどだったのだ。

しかし、残留にかける熱い想いとは裏腹に、レスターは厳しい戦いを強いられる。シーズン閉幕直前には最下位に沈み、降格は確実視された。スタジアムにやってくるサポーターにも諦め顔が増え始めた。
だが、4月に入ってからのレスターは9試合のうち、7勝、2分、1敗という好成績をおさめ見事残留に成功した。2015-16シーズンもプレミアリーグで戦えることが決まったのだ。

おすすめの記事