「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ダービーマッチを知ろう フランス リーグ1編

2017 10/13 10:05跳ねる柑橘
Olympique Lyonnais
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダービー・マッチ:プライドが激突する特別な一戦

スポーツにおいて、ライバル関係というのは時に大事な要素になる。順位表ではライバルより下にはいたくないものだし、直接対決では絶対に負けたくない。そんなライバル関係はサッカーの世界ではクラブチーム間にも存在し、その直接対決は「ダービー・マッチ」と呼ばれる。対戦する両チームの選手・サポーターとも、いつも以上の気迫で試合に臨み、スタジアムは大きな盛り上がりを見せるものだ。

今回紹介するのは、近年ド派手な補強で注目を浴びるパリ・サンジェルマンなどが所属するフランスのサッカーリーグ、リーグ1だ。ヨーロッパ中の視線を集めるこのリーグでは、どのようなダービーが繰り広げられるのだろうか。

強豪揃いのタフなリーグ

リーグ1は強豪ひしめくリーグだ。最多優勝は古豪サンテティエンヌの10回、次ぐ9回で日本代表SB酒井宏樹が所属するマルセイユ、8回でモナコとナント、7回のリヨン、6回のパリ・サンジェルマン(PSG)、ランス、ボルドーと続く。
時代と共に盛衰が顕著なのがリーグ1の特徴で、最多を誇るサンテティエンヌがタイトルを争っていたのは、1960年代から80年代前半までだ。80年代から90年代はマルセイユ、そして2000年代はリヨンがリーグを席捲していた。
そして近年はこうした強豪とタイトルを競っていたPSGとモナコが豊富な資金力を武器に積極補強を続け、リーグ1の話題をさらっている。

こうした強豪チームは、当然ながらお互いをライバル視している。これらチームがぶつかりあうダービー・マッチを見ていこう。(※本稿内の戦績は2017-18シーズン第5節終了時のもの)

おすすめの記事