「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

ダービー・マッチを知ろう イングランドプレミアリーグ編

2017 6/30 12:56跳ねる柑橘
サッカー ボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

ダービー・マッチ:プライドが激突する特別な一戦

ライバルとの直接対決。それはどんなスポーツでも白熱する瞬間だ。サッカーでは、選手や監督といった個人同士とは別に、クラブにもライバル関係が存在する。そんなライバル同士の対決、それがダービー・マッチだ。
ダービー・マッチとは、ある共通のものを持ったクラブ同士が対戦する試合を指す。本拠地が同じ都市ということもあれば、リーグで優勝を競い続けてきた強豪クラブ同士ということもある。そこにあるのは対抗心や敵対心、そしてプライドだ。それも単にサッカーチームとしてだけではなく、都市間やサポーターの階級間にある対抗心が、サッカーというスポーツに反映されるのだ。
「我々の方が優れている」「あいつらには負けたくない」そんな思いが、選手やチームだけでなく、サポーターの心にもメラメラと燃え上がる。当然試合は毎回大きな注目を集め、激しい展開が約束されている。サッカーファンなら見逃してはならない一戦、それがダービー・マッチなのだ。
これから数回にわたって、そんなダービー・マッチを紹介していく。まず第1回となる本稿では、この「ダービー」という言葉の発祥地、イングランドのプレミアリーグから5つのダービー・マッチを取り上げたい。なお本稿の記録は2016-17シーズン終了時のものである。

ノースウェスト・ダービー(ユナイテッド対リヴァプール)

最初に紹介するのは、プレミアリーグきってのビッグクラブ、マンチェスター・ユナイテッド(以下ユナイテッド)とリヴァプールが対戦する「ノースウェスト・ダービー」だ。
ダービーの名称は両クラブが本拠地を構える都市の地理関係に由来する。イングランド北西部にある工業都市マンチェスターと港湾都市リヴァプールは距離的にも近く、産業革命以来深い関係にある。これまで両クラブはともに60個以上のタイトルを獲得しており、ともにイングランドでも大きな成功を収めたクラブとして知られている。そんな両クラブの対戦は、リーグの順位とは関係なく、国で最も優れたクラブを決する一戦と言っても良い。そのためイングランドを代表するダービー・マッチとして「ナショナル・ダービー」と呼ばれることもある。
スタンドは熱気に包まれ、サポーターからは激しい声援とヤジが送られる。残念ながらその熱気は声援だけにとどまらず、スタジアム周辺やスタンドではサポーター同士の衝突も起きることもしばしば。増員された警備員が警戒にあたるが、それでも衝突が避けられなかった試合も多い。
ピッチ上でも激しいマッチアップが繰り広げられ、特にゴール時の熱狂ぶりは他の試合とは一線を画すものがある。どんな試合でもチームの得点に喜びを爆発させるのは当然だが、このダービーではそれがいき過ぎて挑発や侮辱に発展してしまい、後日処罰されたというエピソードもある。
そんな白熱するこの対戦、これまでの試合結果はユナイテッドの79勝、リヴァプールが65勝、引き分けが54回と、直接対決ではユナイテッドがリードするものとなっている。

おすすめの記事