「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【サッカーに愛された男たち】ワールドカップ歴代得点王の回想録

2017 6/30 12:56dada
ハメス・ロドリゲス
このエントリーをはてなブックマークに追加

爆撃機の襲来!1970年大会西ドイツ代表ゲルト・ミュラー

西ドイツ代表とFCバイエルン・ミュンヘン(以下、バイエルン)で活躍したゲルト・ミュラー氏(以下、敬称略)は、「爆撃機」の愛称で親しまれた点取り屋だった。
的確なポジショニングで常にボールの芯を捉える強烈なシュートを放ち、易々とゴールを奪っていった。不安定な体勢からも抜群のシュートコースを選択し、どこからでも相手の守備陣を破壊する、まさに爆撃機の如きプレーだった。
ミュラーは、1970年のW杯において、10得点を挙げ得点王となった。2位のジャイルジーニョ氏は7得点であったから、ミュラー氏の単独トップの記録となった。グループステージの段階から出場する試合すべてで1得点以上を挙げ西ドイツの躍進に貢献した。
この大会の西ドイツ代表はミュラーの活躍もむなしく3位に終わったが、後の1974年大会ではまたしてもミュラーが4得点の活躍で見事優勝を収めた。
結局彼はワールドカップで通算14得点を挙げ、後の2014年大会で同胞のミロスラフ・クローゼ氏(以下、敬称略)に抜かれるまで、最多得点記録保持者であり続けた。

第2の人生も順調!1986年大会イングランド代表ギャリー・リネカー

引退後に解説業を務めるギャリー・リネカー氏(以下、敬称略)はイングランド代表のストライカーだ。イギリス紳士らしい喋り口調が人気で、サッカー番組ではお馴染みの存在だ。
2015-16シーズンに古巣のレスター・シティFC(以下、レスター)が好調を見せていたタイミングには、「レスターが優勝したらパンツ一丁で番組に出るよ」と語り、その約束は後に果たされた。
そんなリネカーは、1986年大会のW杯に出場し6得点を記録し得点王となった。
この大会のイングランド代表は、グループステージ敗退の危機に陥るが、勝負強さが売りのリネカーがポーランド戦でハットトリックを記録し、ベスト8まで導いた。イングランド代表はこの大会での得点をほぼリネカーに頼り切っており、グループステージから決勝トーナメントまでの全7得点のうち、リネカーのみで6得点を挙げていた。
しかし、リネカーの活躍の裏では、ディエゴ・マラドーナ氏が神の手ゴールや5人抜きで話題を持ち去っており、リネカーの功績は少し霞んでしまったように思える。色々な意味で1986年大会は感慨深いものだった。

おすすめの記事